アグエロがシティ残留宣言「満了までシティに残りたい」

写真拡大

▽マンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ(29)は、契約満了まで同クラブに残りたいと考えているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽シティのエースとして君臨するアグエロは、昨シーズンにブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスの加入があったもののリーグ戦で31試合20ゴールを奪うなどの結果を残した。

▽今夏にはアーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェスの獲得が噂されており、アグエロは新シーズンにさらなるポジション争いに臨むこととなる。しかし同選手は、シティで快適にプレーできていることを強調。2019年までとなっているシティとの契約を満了する考えだと明かした。

「僕とシティの間にはあと2年の契約が残っている。このクラブで幸せに感じているし、個人的には契約満了まで留まりたいと思っているよ。その後どこでプレーするとかは考えていない。今はシティでのプレーに集中している」

▽またアグエロは今シーズンのパフォーマンスについても言及した。

「悪くない状態だったと思う。個人的なコンディションは良かったからね。ただ、僕は多くの試合で出られない状況だった。その結果、チームにゴールという形で貢献できなかったね。それでも出た試合では結果を残せたと思う」