9月のリリースを間近に控えていることもあり、連日新たなリーク情報や画像が公開されている感のあるiPhone8ですが、新たにダミーユニットの動画が公開されています。

シルバーの装飾?

動画を公開したのはニュースサイト9to5Macで、縦方向に並んだデュアルカメラ、エッジ部分がカーブが効いて盛り上がったディスプレイ、物理ホームボタンとTouch IDの消失が確認できます。動画では、iPhone7 Plusとの比較がなされています。
 

 
この動画で注目すべき点は、ディスプレイと筐体本体の間に挟み込まれるようにしてシルバーの装飾ラインが周りを囲んでいる点でしょう。
 
以前@Benjamin Geskinなどによって公開されてきたリーク情報では、シャーシとディスプレイの間にシルバーのラインはない、とみられていました。ただし、今回公開されたダミーユニットが、実際のiPhone8を反映しているものなのかどうかは謎です。

iPhone8で始まるAR全盛時代

このほかiPhone8は、本格的なAR機能を搭載するべく、さらに高性能カメラが採用されるほか、有機EL(OLED)ディスプレイを搭載すると言われています。
 
すでにWWDC 17でも発表されたとおり、ARKitの登場によって、開発者が様々なAR向けアプリを作成できるようになります。ティム・クック最高経営責任者(CEO)をして「どんなアプリが登場するのか、想像もつかない」と言わしめるように、iPhone8で大きくAR全盛時代の幕開けとなることが予想されます。
 
 
Source:9to5Mac
(kihachi)