競争が激化する低価格衣料の世界で、「店舗間商品移動」や「商品の完全買取制」を武器に高い収益を上げている「しまむら」。その強さをあらためて分析してみよう。

■ファストリを上回る、しまむらの商品回転スピード

 衣料品売上高で「ユニクロ」のファーストリテイリング(9983)に次ぐ、しまむら(8227)を徹底分析してみよう。

 ファミリー層を主なターゲットに、日常生活で使用する衣料品を低価格で提供しているしまむらも、プライベート・ブランド(PB)商品の開発に注力していることはいうまでもない。ただし、基本は仕入が中心であり、SPA(製造小売業)のファーストリテイリングとは、大きく異なる点である。

 しまむらを得意先としているのは、繊維商社のタキヒヨー(9982)や衣料品製造卸のクロスプラス(3320)、ストッキングやインナーのアツギ(3529)などである。

 もう1点、しまむらとファーストリテイリングで異なるのは、店舗における商品の回転日数だ。商品回転数は、表にあるように売上高と期末在庫から計算することができる。そして、1年365日を回転数で割れば、商品が1回転するために要するおおまかな日数がわかる。

 しまむらのそれは、30日前後。つまり、しまむら各店に陳列されている商品は、およそ1か月で入れ替わっていることになる。

 同じ計算をすれば、ファーストリテイリングはおよそ2か月だが、同社の商品回転日数が長いわけではなく、平均よりは短い方である。それだけ、しまむらの商品回転スピードが速い、いということだ。

 1品単位で管理している商品をより売れる店舗へ他店舗から移すという「店舗間商品移動」や、売れ残りを残さないための値引きのタイミングの判断などがあって、超高速の回転率を実現しているのだろう。いずれにしても、「商品の完全買取制」を武器に、低価格化路線を進めるしまむらの根幹がこの商品回転日数に示されている、といっていいだろう。

ビジネスリサーチ・ジャパン[著]