「トランスフォーマー」スピンオフは女性が主役

写真拡大

「トランスフォーマー」シリーズのスピンオフ作「バンブルビー」では、女性が主役となることをプロデューサーのロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラが明かした。

ディ・ボナヴェンチュラと共にシリーズ過去5作品を手がけてきたマイケル・ベイ監督がシリーズを去ることは決定しているものの、パラマウント社と玩具メーカーのハズブロ社はすでに人気オートボット、バンブルビーに焦点を置いたスピンオフ作の製作に着手しており、ディ・ボナヴェンチュラはその新作がこれまでのシリーズ作品とは大きく異なるものになると語っている。

コリダーとのインタビューでディ・ボナヴェンチュラは「『バンブルビー』がスピンオフ作第1弾になるんだけど、これまでのシリーズとは明らかに一線を置く作品となるよ」「この作品の目的はある意味、ロボットの登場しない時間をより多くして、1985年に舞い戻り『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』の原点に戻るというようなものなんだ」「だからはっきりと異なるアイデアが取り込まれているし、バンブルビーと並んで若い女性が主役となるんだ」と話した。

バンブルビーは2007年作「トランスフォーマー」で、ディセプティコンからサム・ウィットキーを守るその黄色をベースとした姿をスクリーンで見せて以来、人気のキャラクターとなっている。

そんなバンブルビーをテーマにした新作に向けては、クリスティーナ・ホドソンが脚本を執筆する予定となっており、「クボ・アンド・ザ・トゥー・ストリングス」で知られるトラヴィス・ナイト監督が実写版のデビューを果たす。

コリダーによると、ヒロイン役にはヘイリー・スタインフェルドが候補に挙がっているという。また、ディ・ボナヴェンチュラはこの新作では、トランスフォーマーの玩具が初登場した年としてシリーズにとって重要な1985年が舞台となることを認めている。

「バンブルビー」は2018年6月公開予定だ。