今年、ビキニを選ぶ時の 絶対チェックしたい4つのポイント

写真拡大

おしゃれだけじゃもう足りない! 機能性もマスト

ビキニを選ぶ時、今までは、決め手はやっぱりデザインですよね? でも、今年はデザインはもちろんのこと、機能をしっかりとチェックしてみませんか? ビキニは今、とっても進化しているから、おしゃれ+機能で、最高の一枚と出会うことができるのです。では、どんなところを気にすればいいのでしょうか? 今回は、サーフブランドのHurleyのビキニを例にとって考えてみました。それには4つのチェックポイントがあるのです。

アクティブ派のビキニ 4つの機能チェック

 

01.
ビキニの中に水をためない

ビキニはカップになっているから、水の中にいると、どうしても水がたまってしまいます。特にサーフィンやSUPなど、しっかり動くアクティビティの時はやっかいです。でも、その常識、もう考えなくてOK。今や、水抜きができるようなデザインがあるんです。サーフブランドのHurleyのビキニは、胸の真ん中部分に水が通れる場所があり、水がたまることはありません。だから、いつもビキニが軽く、動きもとってもスムーズ。

02.
高いホールド力で胸を揺らさない

アクティブに動きたい女子にとって、胸の揺れは結構気になるもの。揺れると重さが倍増になる? と疑うぐらい、胸の揺れは精神的な影響力が高いですよね。だから、しっかりホールドしてくれるデザインは貴重。Hurleyのビキニは収縮を抑える機能(スタビラザー)がついて、胸の形をつぶさないのに、きちんと包まれて揺れない。そんなデザインと出会えたら、絶対買いでしょ!

03.
結び目、ホックがないので快適

肌に直接触れる衣類であるビキニ。アクティブ女子にとっては割と大切なポイントで、触れる場所のストレスが低いほうが絶対にいい。結び目やホックのないアイテムなら、動いた時に擦れたり、外れたりするストレスからも解放されて気持ちいい。

04.
さらりとして水陸両用

Hurleyの場合、トップスのパットはウォータープルーフなので水を弾きます。その上に、クイックドライの速乾性。だから、水の中で着てもすぐに乾きます。帰路はそのままシャツを羽織って帰ることもできるかも。トレーニングの際のブラトップとしても使用でき、おしゃれなブラトップとしての機能は2倍。

たくさんのデザインがある中から選ぶなら、おしゃれ感にプラスして機能までチェックしてみると、最強の一枚が見つかるはず。今度はそんな視点で探してみて。

ハーレーオンラインショップはコチラ

ライター:三上あずさ
取材協力:Hurley http://www.hurley.jp
写真:樋口勇一郎