ジョニー・デップがジョーク&コニチハ連発

写真拡大

米俳優ジョニー・デップが6月20日、都内で行われた映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」夏祭りプレミアに出席。多くのファンが見守る中、相変わらずの傍若無人ぶりを発揮し、会場を爆笑の渦に巻き込んだ。

同作に出演するブレントン・スウェイツ(ヘンリー役)、カヤ・スコデラーリオ(カリーナ役)、日本語吹き替え版声優の栗山千明、中川大志の登壇後、満を辞してステージに現れた“ジャック・スパロウ”ことジョニー。「意味がわからないけど使ってみた」という「コニチハ」でファンの心を鷲掴みにすると、その後は“ジョニー節”のオンパレードとなった。

栗山「カリーナはとても聡明で意思の強い、美しい女性です。そんなカリーナの吹き替えを務めさせていただき、本当に本当に光栄です」

中川「いちファンとして観てきた作品だったので、こうして今回パイレーツの世界に参加させていただいて今でも夢を見ているような気持ちです。よろしくお願いします」

カヤ「ハーイ! コニチハ。日本のファンの方々は本当に素敵で、みなさんとても優しくて嬉しいです。本当にありがとうございます」

ブレントン「ハロー! 本当にみなさん、この映画を応援してくれてありがとうございます」

などと、それぞれのキャストがファンや映画について語る中、ジョニーはなぜか「コニチハ」3連発。会場をヒートアップさせ、「日本には何年もずっと来ています。世界中で一番あたたかく、一番やさしく、そして歓迎してくれるのでありがたいです。毎回来るたびにありがたく思っています。みなさんのサポートを嬉しく思います」と真面目なコメントを発したかと思いきや、そのまま女性通訳のモノマネをし始め、続くコメントでも「これはインディーズ映画です。予算もほとんどなかったし、私たちは愛だけで作りました。誰も一銭も稼いでいません……というのは全部嘘っぱちです」とジョーク。

栗山や中川にハグ&キスしたり、マイクを逆さに持ったり&投げたりと終始やりたい放題で、キャストだけでなく、進行の役目を担うMCも苦笑いをしていた。

それでもファンサービスには熱心に応じ、サイン攻めや記念撮影にも笑顔を絶やさなかったジョニー。本人は「ジャック・スパロウという役は、いろいろな材料を混ぜるスープのように作り上げられたもの」と語るが、今作ではさらに煮込まれ、旨味を蓄えたジャック・スパロウを思う存分楽しめるに違いない。

映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」は7月1日(土)より、全国ロードショー。