Jクラブが大学生に負けた…Y.S.C.C.横浜、失点シーンがあまりに軽率すぎる

写真拡大

第97回天皇杯は21日(水)から2回戦がスタート。

このラウンドからJ1およびJ2クラブも参加となり、浦和レッズや鹿島アントラーズといった強豪チームも試合を行う。

そこで、日本サッカー協会は4月に行われた1回戦のハイライト映像をYouTube上にいくつか公開。

J3から参加していたY.S.C.C.横浜が筑波大学に敗れる波乱があったのだが、その失点シーンは軽率なものだった(00:11から)。

28分、筑波大学のFW中野誠也が先制に成功するのだが、なんなんだY.S.C.C.横浜のこのディフェンスは…。

最終ラインで簡単にボールを失ったかと思えば、その後もボールへの寄せが非常に甘く、ピッチ中央にフリーの選手がいるにもかかわらずカバーに入った選手もジョグで対応しようとしている。

自分たちのミスが生んだピンチなのだが、なんだか見ていて気の抜けるような失点であった。

大学生相手に1-2で敗れ、1回戦で天皇杯から姿を消したY.S.C.C.横浜。選手たちもその出来には納得していなかったようで、MF大泉和也は「つまらないミスから失点した」、MF吉田明生も「一言で言うと自滅という試合でした」とそれぞれコメントしている。

Jクラブを破った筑波大学は21日、2回戦でベガルタ仙台と対戦する。