これはイケメン
 - (C)2017「恋と嘘」製作委員会 (C)ムサヲ/講談社

写真拡大

 マンガアプリ「マンガボックス」で連載中の人気漫画を実写化する映画『恋と嘘』で、お笑いタレント・チュートリアルの徳井義実が“大人気イケメンモデル役”に抜てきされたことが発表された。

 原作漫画につながるアナザーストーリーとして展開する本作の主人公は、自由な恋愛が許されない世界に生きる女子高生・仁坂葵(森川葵)。政府が最良の結婚相手を通知してくれる恋愛禁止の世界で彼女の心は、自身に密かな恋心を寄せる幼なじみ・司馬優翔(北村匠海)と、政府から指定された結婚相手・高千穂蒼佑(佐藤寛太)の間で揺れ動く。

 徳井が演じる四谷大輔は、葵の叔父で良き相談相手という役どころ。徳井いわく「両親にはなんとなく言えないような相談なんかもできる、友達と両親の中間のような、良き理解者っぽい雰囲気が出るように自分なりにやらせていただきました」とのこと。一方で相談する側の葵にふんした森川は、「モデルや俳優として活躍している親戚のおじさんという設定だったのですが、あまりのかっこよさに、セリフでおじさんと呼ぶのに戸惑いました」とイケメン叔父の存在に照れ。

 徳井との撮影を振り返り、森川は「あまり撮影日数の無い中で現場に来てお芝居をするのは大変だと思うのですが、その中に溶け込んでとても自然にお芝居をされてらっしゃった」と明かすと、「自然な徳井さんのお芝居に、主演として出来るだけ引っ張っていくつもりだった自分が気付けば引っ張られていました」とも語っていた。

 今回徳井のほかにも追加キャストが公表。葵と優翔のクラスメイトの小夏役で、SUPER☆GiRLSの浅川梨奈、同じくクラスメイトの秋帆役で三井のリハウスCMで樹木希林と共演した田辺桃子、葵と優翔の行きつけのクレープ屋の店員役で温水洋一、葵の両親役で遠藤章造(ココリコ)と三浦理恵子が出演する。遠藤は「今回、シーンは少なかったですけれど、現場は楽しい雰囲気で、一生懸命やらせて頂きました! 出来上がった映画を相方(田中直樹)には悪いですが、嫁と手を繋いで観に行きたいと思います」とコメントしていた。(編集部・井本早紀)