カンニング竹山が19日放送のTBSラジオ『たまむすび』の中で、“結婚宣言”で話題をさらうNMB48須藤凜々花にファンが「裏切られた」との感情を抱いていることに「裏切られたも何も、ファンと結婚するわけじゃないんだから」などと語り、須藤を擁護した。

 この日の放送では、17日に沖縄県で開催された「第9回AKB48選抜総選挙」を話題として取り上げ、20位にランクインした須藤が壇上スピーチで結婚することを宣言したことを紹介。

 TBSの吉田明世アナウンサーが須藤の“結婚宣言”について説明。これが世間で大きな話題になり、OGら先輩からも非難の声が挙がったことなどを語った。

 吉田アナはファンが「裏切られた」との心境にあることなどを紹介すると、竹山は「裏切られたも何も、ファンと結婚するわけじゃないんだから。ファンの人も大人なんだから、そういう気持ちで見てやんないと。その子にはその子の人生あるだろうに」とし、須藤を擁護した。

 さらに、竹山は「彼氏がいたら応援しなかったのかな、ファンの子たちは。『私、彼氏います』って言ってるアイドル応援しなかったのかな?」との疑問を持ち出した。

 そして、お笑いトリオ・安田大サーカスのクロちゃんが、自身のツイッターで怒りの声を挙げたことにも言及。「怒ってんの? バカあいつ。お前の風俗通いどうにかしろ、バカ野郎」とクロちゃんを切り捨てていた。

 最後に竹山は「許してやったら。若い子だしさ。AKBの子たちも『しょうがないね、お前』って許してあげなよ」とし、騒動の渦中にいる須藤を慮っていた。