中国・上海の街並み。異国の地で、手に職がなくなったらどうする?


 中国に渡ってからの15年間、留学から起業に至るまでの道のりを振り返っている。

 前回(「こんな僕がなぜか中国人CAと結婚してしまった話」)は、起業の際に背中を押してくれた妻とのなれそめを紹介した。

 ここで前々回(「中国でチョコパンに耐えかね副業したらどうなったか」)の話に戻る。張さん(仮名)の猛烈なスカウトに負け、新しく立ち上がった日本語学校で教師をしていたが、さすがに通勤時間往復6時間、給料2000元(当時のレートで約3万円)は無理があった。そこに、さらに給料引き下げの宣告、もう我慢の限界だった。そこで僕はついに決心した、という話だった。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

学校を辞めて無職に

 結論から言うと、僕は日本語学校を辞めた。

 張さん(仮名)からは、「せめて次の先生がみつかるまで待ってほしい」と言われたが、これまでの張さんのやり口を見ていると、どうせ引っ張るだけ引っ張って「まだ新しい先生が見つからないから待ってくれと」と僕を働かせるに違いないので、月末いっぱいで辞めた。

 留学生として上海にやってきた僕は、異国の地で無職になってしまった。勢いで辞めてしまったものの、次の仕事がみつかっているわけでもなく、しかも外国だ。すさまじい後悔の念に襲われて、何度も張さんにもう一回電話して「やっぱり戻ります」と言おうかと迷った。

 無職である。収入ゼロである。外国である。たったの
1500元でも、ゼロと比べたらら雲泥の差だ。鈍感な僕も、さすがに猛烈な焦りを感じた。正直なところ「このまま上海で大道芸人やって、全然人気なくて、そのまま餓死かな」などと大げさなことも考えた。人間追い込まれると、思考があり得ない方向へ行くことがある。「貧すれば鈍す」いうのを、このとき学んだ。

 ところで、日本語学校を辞めろと勧めたのは家内だ。彼女の意見はこうだった。

「考えてみなさい、1日8時間、土日も授業があるから、1カ月で約28日。給料が月1500元だったら時給いくら? 7元いかないでしょう。いま上海で時給7元以下で働いてる日本人なんてあなたくらいよ。将来のためとか格好つけてないで、現実をみなさい!」と。

 うすうす気づいていたけれども、考えることを避けてきた目の前の現実を、彼女に真正面から指摘されたのがきっかけだった。彼女は、多分に優柔不断なところがある僕の尻を、ムエタイの選手ばりに蹴り上げてくれる。正直でストレート、飾り気のない性格で、そこが気に入って結婚した(ではなく、結婚していただいた)。今回も、その助言に従って日本語学校を辞めた。

これからどうする?

 とはいえ、繰り返すが無職である。

 既に夫婦になっていた僕たちは、彼女が航空会社で働いていたとき購入したマンションに住んでいた。そのときは、彼女も既に航空会社のCAの職を辞めて留学した日本から戻ったばかりだったし、2人とも仕事がなく、彼女の貯金を切り崩して生活していた。

 無職の上にヒモである。

 通常、中国の人が結婚する場合、結婚するときに男が住む家を準備しておくのが普通だ。僕の場合、家が無いどころか彼女に養ってもらっている状態であり、これは中国の結婚の作法から言えばあり得ないことだった。彼女の親戚や友人・知人は、彼女に「絶対、新手の詐欺だ」とさんざん忠告していたに違いないのだが、そういうことを一切僕の耳に入れないようにしていた彼女は、人間の器が相当に大きい。

 いずれにせよ、そんな方々からのプレッシャーや、物理的に無収入という状況を打開するためには、仕事をしてお金を稼がなければいけない。しかし、成長著しい上海といっても、たかだか日本語の先生をちょっとかじった程度の経験しかない日本人が、簡単に仕事をみつけられるほど、甘い街でもない。

 優柔不断で保留癖がありながら、どこまでも楽観的なところがあるもののさすがに沈んでいた僕に、彼女はこう提案した。以下、当時の会話の内容である。

* * *

彼女 2人で会社を作りましょう。あなた社長になりなさい!

 は?

彼女 は? じゃないのよ、2人で会社を作るのよ。幸い私は少し貯金があ
るし、このお金で会社を興して、お金を稼ぎましょう。

 いや、会社ってそんな簡単に言うけど、何やるの? 僕、会社なんてやっ
たことないよ。

彼女 私だって会社なんて作ったことないわよ。誰だって最初は初めてなのよ。何やるかなんて、作ってから考えればいいのよ、大体あんた今だって無収入なんだから、何かやらないと永遠に収入ゼロよ。あなたは日本人だし、私は中国人だから2人で頑張れば絶対何かチャンスがあるはずよ。

 それはそうかもしれないけど、社長なんて僕の性に合わないよ。そんないきなり経験もないのに・・・。

彼女 じれったいわね、このまま行ったら私の貯金は半年で無くなるわ。半年待ってたら本当に2人とも無職で一文無しよ。私は親戚や友人から詐欺に引っかかって大変な目にあったと笑われたり、慰められたりするのよ。あなたそれでもいいの? それより今、少しは余裕がある間に何かしないと、チャンスもなくなっちゃうのよ。

 あなたは何の経験も無いけど、みた目は人がよさそうで、誠実そうだから社長兼営業に向いてるわ。私は女性で中国人だから、日本へいきなり行っても言葉も無理だし、話を聞いてもらうのも難しい。でも一応10年社会人やっているから、人間関係とか、相手の考えていることとか、何を話せばいいとか、そういうことはあなたにアドバイスできる。2人でやればきっとうまくいくと思うの。

 誠実そうにはみえるってところが失礼な感じだが、おおむね当たっているので、確かにそんな気もする。



彼女 そうでしょう、絶対うまくいくわ。さっそく明日から行動開始よ。すごいわ、私たちの会社よ。私、社長夫人よ。

 なんか希望が出てきたね。明日から準備に取り掛かろう。ところで、中国で会社ってどうやったら作れるのかなあ。

彼女 分かんないけど、どっかに申し込むところがあるでしょう。まずはそれを探しましょう。

* * *

 2001年9月、こんな切羽詰まった状況を打開すべく、上のような会話を経て、僕たちの会社は何の方向性もなく立ち上がり、僕は社長に、彼女は社長夫人になった。

そして起業へ

 奥さんから強引に説得されて、無職でヒモから会社社長になった僕は、2人で会社を作ると決心した翌日、さっそく行動を開始した。差し当たって、奥さんの親戚で旅行会社をやっているおじさんに、会社を作るにはどうしたらいいかを電話で質問した。

 おじさんも、「何をするかは作ってから考える!」という奥さんのものすごいポジティブ思考にちょっとびっくりしていたが、親切にいろいろと教えてくれた。

 何でも、会社がたくさん入っているようなオフィスビルに行くと、「〜経済城」とか「〜経済区」というような地方都市や上海市の郊外の区などが出張事務所を開いていて、その都市や地区に会社を登記するための代行を全てやってくれるサービスを提供しており、そこに申し込めば簡単に会社を開くことができるらしい。

 地方都市や郊外区からすれば、会社をたくさん登記してもらうことで税金をたくさん納めてもらえるというメリットがあるので、登記してくれた会社には3年間無税など、いろいろな優遇や便宜を図ってくれる。さらに毎月税金を納める場合も、この出張事務所へ行けば、財務関係の書類作りなども全て代行してくれる(毎月300元くらいの代行手数料がかかる)ので、会社を作るというのは、ことのほか簡単だった。

 そのほか、資本金を決定したり、業務範囲を登録したりと細々とした作業がたくさんあるのだが、基本的にはこの出張事務所の人が全部やってくれるので、難しいことはほとんどなかった。そして、いろいろ聞き回った結果、僕たちは上海市の郊外区にあたる青浦区というところの経済城に、会社を登記することにした。

(続く)

筆者:宮田 将士