Photo by cinemacafe.net

写真拡大

「潔く柔く」や「プリンシパル」などで知られる人気漫画家・いくえみ綾のコミックを初連続ドラマ化。波瑠、東出昌大、仲里依紗、鈴木伸之ら豪華キャストが共演した「あなたのことはそれほど」が6月20日放送の第10話で最終回を迎えた。
本作は“2番目に好きになった人”と結婚した主人公・渡辺美都を波瑠さんが演じ、美都が中学時代からずっと想い続けていた初恋相手と偶然再会したことから恋に落ちたことから始まる2組の夫婦を中心とした予測不能でいびつな大人のラブストーリー。

波瑠さんのほか、美都の夫・涼太役に東出さん。美都の初恋相手で不倫相手でもある有島光軌役に「劇団EXILE」鈴木さん、その妻の麗華役に仲さん、そのほか大政絢、中川翔子、山崎育三郎らも共演した。

美都と涼太、そして有島と麗華の2組の夫婦の行く末に注目が集まった本作だったが、最終回で涼太はずっと外せなかった指輪を投げ捨て美都のことを振り切り、人生の次のステップへと進む道を選んだ。別居することになった有島夫妻も夫婦の危機を乗り越えより深い絆で結ばれ、美都の新たな出会いを予感させるシーンで幕を閉じた。

“不倫モノ”ということもあり毎回放送後には登場人物について様々な声が上がってきた本作だったが、今回は放送中から有島への怒りのツイートが爆発的な勢いでTwitterのタイムラインを埋め尽くした。

冒頭で涼太に有島が謝罪するシーンでの言動や、実家に戻った麗華の元に毎日出向くといった有島の行動に対し「謝って早く楽になりたいて感じが透けて見えるから駄目」「どっかで許されると思ってる感がやばい」「こんなクズ、なかなかいない。」など辛辣なコメントが溢れんばかりに続々投稿。

反対に麗華に対しては「言う事分かり過ぎる」「なんの罪もない麗華が苦しむのは嫌」など共感と支持する声もありつつ、結局復縁したことに対し「なんか納得いかないんだけど(笑)」「麗華、それでよかったのか」など納得いかないという声も。

そして途中、サイコパスな言動で美都はもちろん視聴者も震え上がらせた涼太だったが、最後に美都のこと「それほど」と言ったことには「あなたのことはそれほどってりょうちゃんのためにあった言葉だったんか?」「涼ちゃんにはほんとに幸せになってほしい」など、今後を応援するメッセージが多数。

また忘れてはならないのが前回、涼太のことが好きだと“衝撃告白”し視聴者を騒然とさせた山崎さん演じる小田原。タイムラインには「涼太とくっ付いて頂きたいと思ってます」「涼ちゃんのことはもう小田原に任せない?」「守りたい、この笑顔」など、2人が結ばれて欲しいという投稿も数多く見られた。

様々な話題を振りまきながら終了した本作だが、原作の「あなたのことはそれほど」も7月8日発売号で最終回を迎えることが決定。ドラマとも違う原作としての結末にも期待したい。

(笠緒)

■関連記事:
山崎育三郎、ミュージカル「モーツァルト!」4年ぶり再演へ「僕の人生の転機」
清水ミチコ、仲里依紗の母親役に!「あなたのことはそれほど」
波瑠、二番目に好きな男性との結婚の行方は…「あなたのことはそれほど」今夜放送開始
飯豊まりえ、駆け落ち!? ウエディングドレスを披露「あなたのことはそれほど」
東出昌大、父親役・鈴木伸之のために我が子を練習に?