「クワンティコ/FBIアカデミーの真実」シーズン2より - ヤスミン・アル・マスリー
 - Giovanni Rufino / ABC via Getty Images

写真拡大

 米テレビドラマ「クワンティコ/FBIアカデミーの真実」で2シーズンにわたり双子のニマとレイナを演じていたヤスミン・アル・マスリーが、第3シーズンには戻ってこないことをTwitterで明らかにした。

 「ニマとレイナを『クワンティコ/FBIアカデミーの真実』の中でもファンに人気のキャラクターにしてくれた世界中のみんな。愛と応援をありがとう。お別れの時です」とツイートしている。

 TVLineによると、彼女のほかに第2シーズンからレギュラー入りしたダヤナ役のパール・スシも降板するとのこと。同ドラマはショーランナーを務めていたジョシュア・サフランが第2シーズンで降板することが発表されており、番組の方向性が変わることによる降板のようだ。

 同ドラマは第3シーズンが決定しているものの、フルシーズンではなく、13エピソードでの更新となっている。(澤田理沙)