20日、中国メディア・テンセントは「E−モビリティ・インデックス」の第2四半期のデータを紹介し、中国が初の総合1位になったと伝えた。資料写真。

写真拡大

2017年6月20日、中国メディア・テンセント(QQ)はドイツの経営コンサルタント企業ローランド・ベルガーとドイツの自動車研究機関であるfkaが共同で発表した「E−モビリティ・インデックス」の第2四半期のデータを紹介し、中国が初の総合1位になったと伝えた。

同指数は、電気自動車を生産するドイツ、フランス、イタリア、米国、日本、中国、韓国の主要7カ国を対象にした調査で、「産業」「技術」「市場」の三つの指標を基に各国の競争力を比較している。第2四半期で中国は技術こそ5位だったものの、「産業」は1位、「市場」は2位で総合1位となった。

ローランド・ベルガーの関係者は中国の躍進について、「中国の市場には潤沢な資金を有する新興企業が多く、彼らの発展は速い。欧州の老舗メーカーは中国の発展について行く必要がある」と述べた。日本は第1四半期で総合トップだったが、第2四半期では「産業」「技術」で3位、「市場」は5位となり、TOP3とはならなかった。(翻訳・編集/内山)