彼との会話、弾んでいますか?

彼との会話が弾むテクニックのひとつは、相づち。

相づちが下手な女性との会話は、どこか会話が弾まない、重々しい空気になってしまいがちですよね。



出典:https://www.shutterstock.com

彼との会話が弾む相づちのテクニックを覚えれば、きっとデートも盛り上がりますよ。

 

■相づちが多いと違和感!過度な相づちにはご注意

「相づちが大切!」と言われれば、相づちをしっかりしようと意気込んでしまいますよね。

もちろん相づちは大切ですが、あまりにも相づちが多いと違和感を抱かれ、「話を聞いていないんじゃないの?」と思われてしまうこともあります。

過度な相づちには注意し、適度を心がけましょう。

相づちを全くしないと、これも「聞いていない」と思われますが、下手な相づちを打つぐらいなら、うなずくなどして言葉を発しなくても大丈夫。

彼の目を見てうなずく。これだけでも、話し手としては心地が良いのです。

 

■話が終わった後の相づちが一番肝心!彼が何を言って貰いたいかを察す

相づちと言われると、合いの手だけをイメージしている人も多いかもしれませんが、一番肝心なのは話が終わった後の相づちであり、リアクションなのです。

例えば、面白い話をしている人が望んでいるリアクションは……笑いですよね。共感を求めているなら、話の後に共感して貰いたいのです。

ちょっと自慢話が入っているなら「凄い!」と言われたい。自論を展開しているなら、共感してもらい、理解してもらいたい。

話し手と言うのは、聞き手の相づちがいかに上手でも、話終わった後の相づちがイマイチだと、単純に楽しくないのです。

極論、肯定だけされていれば、気分が良くなるということ。

そのためには、まずはちゃんと話を聞きましょう。でないと、相手の気持ちを察せません。

そして、話を真剣に聞いている人とそうでない人は、相づちのテクニック云々の前に、それがバレてしまいますよ。

相づちが下手でも話をしっかり聞いて、彼が望む相づちをしてあげれば、自然と会話が弾むのではないでしょうか。

 

■声色と表情で魅せる相づち

例えば、“うん”ひとつとっても、声色や抑揚を変えれば、いかようにも聞こえますよね。

また、声色は楽しそうなのに、目が笑っていなかったり表情が硬ければ、あまり楽しそうには思えません。

どのような言葉で相づちを打つかも大切ですが、基本的なテクニックとして、声色や表情で好感を持たれる相づちが打てるようにしましょう。

相づちと話を引き出すのが上手な女性は、豊富な言葉で相づちを打つワケでもなければ、難しい言葉を使うワケでもありません。実はもっと単純で、声色や表情がとても素晴らしいのです。

もしかすると、天性の人たらしなだけかもしれませんが、テクニックを意識していると言うよりも、楽しい気持ち、聞きたい気持ち、凄いと思っている気持ちが、声や表情に出ているのではないでしょうか。

相づちが下手と自負している女性は、そこができていないのでは?

つまらない話に、つまらない表情で声色も変えずに相づちを打てば、話し手にもつまらなかった気持ちが伝わってしまいます。

どんなにつまらない話でも、楽しそうな声色を使い、楽しそうな表情で聞いてあげれば、あなたは楽しくないかもしれませんが、彼は楽しんでくれますよ。

 

意中の彼とのデートの際は、彼が楽しめるような相づちを打つ努力も必要かもしれませんね。

一緒にいて楽しくないと思われるより、一緒にいて楽しいと思われる方が、当然ですが、モテるのではないでしょうか。

基本的な相づちのテクニックがわかれば、きっとデートも盛り上がりますよ。

【画像】

※  Rawpixel.com/shutterstock

【関連記事】

※ あの手この手で…!チャラ男が使う巧みな「お持ち帰り」術

※ ドキドキするぜ…!男を確実に落とす「ボディタッチ」のやり方

※ このスタンプは一体…「浮気男子」が彼女に送りがちなLINE

※ ずっと一緒にいたい!自然と男を惹きつける「愛され女子」の特徴

※ 今度いっぱいしよっ♡「求め過ぎな彼」を上手に手なずける方法

※ 「今日は静かにしたい気分…」エッチの時に彼を黙らせる方法