【詳細】他の写真はこちら

あのビラーゴがこんなにかっこよく(海外モデル)。

ヤマハ『ビラーゴ』といえば、カスタム向けのスタイルながら乗りやすいバイクという印象がありました。そんなビラーゴの海外版『XV920』が海外ビルダーのUgly Motorsの手にかかることで、クールでレーシーな一台に生まれ変わりましたよ。

金属の美しさが魅力のカスタム





このカスタムバイクの特徴をひとつだけ挙げるとするなら、エンジンをぐるりと囲うように配管されたエキゾーストパイプでしょうか。外観からはその素材が何かまで想像できないものの、もしチタンであるなら使いこむほどにイイ感じの焼き色がついてオーナーを楽しませてくれそうです。フロント周りはカワサキの『ZX12R』から、燃料タンクは同じくカワサキの『KZ650』から移植。ヤマハ車にカワサキのパーツという大胆なコンビネーションが楽しいですね。

楽しい走りを予感させるスタイル





低いハンドルにバックステップ、ペタペタに薄いシートと、そのスタイルはカフェレーサーを連想させます。日本のカスタムシーンでも『ビラーゴ』のカフェレーサースタイルはそれなりに一般的ですが、このカスタムバイクのようにスポーティーさを全面に押し出したデザインは新鮮です。

特に販売情報はないものの……





残念ながらUgly Motorsの公式サイトにはカスタムバイクの販売情報は掲載されていません。しかし進行中プロジェクトのブログを見ると、一台一台じっくりと時間をかけてカスタムされていることがわかります。これは自分でビラーゴをカスタムする際の参考にできそうですね。

文/塚本直樹

関連サイト



GREAT SUCCESS OF THE YAMAHA XV920(英語)

UGLY#08 YAMAHA XV920 VIRAGO 1983(英語)