「プロデュース101」シーズン2を降板のハ・ミンホ、一連の騒動をSNSで謝罪(全文)

写真拡大

「プロデュース101」シーズン2を途中降板した練習生のハ・ミンホが出演当時、問題になった一連の論争に対して解明、謝罪した。

ハ・ミンホは20日の午後、自身のInstagramに謝罪文を掲載。彼は未成年者とやり取りしたSNSメッセージで物議を醸すなどの私生活論争を巻き起こし、Mnet「プロデュース101」シーズン2から降板。これによって所属事務所であるTHE VIBE LABELとの契約も解除された。ハ・ミンホは「論争によって心が傷つけられたすべての方々にこの謝罪文を通して、心からお詫びします。私は私の誤った言動について責任を感じ、深く反省しています」と近況を伝えた。

自身の過ちを認め、頭を下げた。彼は「音楽をやるという事実がまるで免許証になったみたいに、他人の前で偉そうなふりをしたことがあります。分別がない行動と考えが『プロデュース101』シーズン2の出演後にも続いていたようです。たまに、ファンに話してはいけないコメントをしたこともあります。結局、私は愛されるための資格と実力を持っているのかに対しては、振り返ったことがありません」と話した。

続けて「そんな自分が恥ずかしくてこの数週間は、不眠症と不安で苦しみました」と付け加えた。

そして一部のデマと疑惑に対しても解明した。彼は「Facebookのアカウントを変更し、ユ・ソンホ練習生にすべての罪を被せようとしたということ、中学生の時、僕が言葉の暴力と仲間外れをリードして、わいせつ行為をしたということ、特定の女子学生を女郎だと表現したということ、幼い生徒にセクハラを繰り返したということなどは、全て事実ではありません。私自身も初めて聞いた話です」と伝えた。

ハ・ミンホは「私に与えられた非難と攻撃の中には、虚偽事実と誤解も多かったことを明らかにしたいです。しかしこれらすべての非難も、私の過失の結果だと思っており、今後はより成熟した人になれるように努力します」と約束した。

【ハ・ミンホ謝罪文コメント全文】

こんにちは。

私は放送終了となった「プロデュース101」シーズン2に練習生として参加していたハ・ミンホと申します。

まず最近の論争で心が傷つけられたすべての方々に、この謝罪文を通して心からお詫びします。私は私の誤った言動について責任を感じ、深く反省しております。多くの方々にご心配をかけ、物議を醸したことに対して謝罪の言葉をお伝えします。

中学、そして高校生時代。私は他人に対する理解と配慮が足りなかった分別のない生徒でしたが、私だけの世界に閉じ込もった井の中の蛙でした。音楽をやるという事実が、まるで免許証になったみたいに、他人の前で偉そうなふりをしたことがあり、ダンスサークルの活動をする時も、人から褒めたたえられたり、歓呼を受ける時には私が世の中の主人公になったみたいに自慢したこともあります。好感を持っていて、好きな人がいるとすぐ気持ちを表現し、告白するなど未熟な行動もしました。

このような分別のない行動と考えは「プロデュース101」シーズン2の出演後にも続いたみたいです。私に関心を持ってくださるファンの応援が与えてくる甘さを享受しようとし、たまに、ファンに話してはいけないコメントをしたこともありました。結局私は人気を受けること、愛されることだけに関心を持ち、愛されるための資格と実力を持っているのかに対しては振り返ったことがありません。

私はSNSに掲載された掲示物と、それに書き込まれたコメントを読みながら多くの方々が受けた傷と怒りがどれだけ大きいのかを知ることになり、そんな自分が恥ずかしくてこの数週間は不眠症と不安で苦しみました。

しかしFacebookのアカウントを変更し、ユ・ソンホ練習生にすべての罪を被せようとしたということ、中学生の時、私が言葉の暴力と仲間外れをリードし、わいせつ行為をしたということ、特定の女子学生を女郎だと表現したということ、幼い生徒に一緒に寝ようなどというセクハラを繰り返したということなどは、全て事実ではないし、私も初めて聞いた話です。しかしこれも私の過ちによって起こった論争であるだけに、私の責任であり、対価だと思います。

無名の練習生だった私に大事な票を入れてくださったのに、私の未熟な行動で失望した方々、私のせいで放送に支障が出たMnetの関係者の方々、そして何よりも私のせいで傷を受けた方々に心からお詫びします。

今後反省しながら生きて行きます。しかし私に与えられた非難と攻撃の中には、虚偽事実と誤解も多かった事を明らかにしたいです。しかしこのようなすべての非難も私の過失の結果だと思っており、今後より成熟した人になれるように努力し、いつも慎重に行動します。長文を読んでいただき、誠にありがとうございます。

ハ・ミンホ