楽しみながら歴史や武士道を学ぶ

写真拡大

スポンジの刀で大人数が戦う「チャンバラ合戦-戦IKUSA-」を手がけるゼロワン(大阪市)およびTearsSwitch(ティアーズスイッチ、大阪市)は、「関ケ原チャンバラ合戦」を2017年6月24日、25日に開催する。

謎に包まれている特別ルールも

天下分け目の戦いの舞台となった「関ケ原」の陣場野公園で行われる、叩かれても痛くないスポンジ刀で武装した世界一平和な合戦。4歳〜80歳と幅広い年代が思い思いに楽しめる多世代交流型のイベントで、親子で歴史を学ぶ場にもなる。石田三成や徳川家康など関ケ原の戦いで活躍した10人の武将の軍に分かれ、全滅させた方が勝ちとなる東西合戦、総大将を打ち取れば勝ちとなる関ケ原合戦、最後の1人が勝者となるバトルロイヤルで対決。

「大谷吉継」と「小早川秀秋」にフォーカスし、当日まで詳細が謎に包まれている特別ルールもある。各回先着300人で、空きがあれば当日も受け付ける。

参加費は無料。