(写真提供=SPORTS KOREA)ソン・ヘギョ

写真拡大

「オルチャン」という言葉をご存じだろうか?

韓国で「美女」を表す言葉で、「オルグル」(顔)と「チャン」(最高)を組み合わせた造語だ。

「オルチャン」の起源をたどると、1990年代中盤にさかのぼる。当時「オルチャン」はホットなキーワードとして流行し、美女の写真を検索するために「オルチャン」と打ち込む人々がどんどん増えていった。

さらに今では派生して「かわいいと話題になること」そのものを「オルチャン」と呼ぶようになっており、「オルチャン出身のアイドル」と言うと、「素人ながら美女と噂になり、アイドルになった」といった意味になる。

日本でも人気のトップ女優も「オルチャン出身」

興味深いのは、「オルチャン出身」の美女が芸能界に進出する事例があまりに多いことだ。

例えば女優のソン・ヘギョ。

ドラマ『秋の童話』や『オールイン』に出演したことで日本でも馴染みの深い人気女優も「オルチャン出身」だ。

彼女は江南の女子高生の中で最も美しいとされた“江南5大オルチャン”の一人として話題を集め、1996年に「SK(ソンギョン)スマートモデル選抜大会」で大賞を受賞して芸能界デビューを果たした。

特筆すべきは、この“江南5大オルチャン”が全員女優として芸能界入りしていることだ。

ほかの4人を挙げると、イ・ミンジョン、チョン・ジヒョン、パク・チユン、ソ・ジヨンとそうそうたる顔ぶれが並ぶ。

サッカー韓国代表のキ・ソンヨンと結婚したあの美女も「オルチャン出身」だ。

ドラマ『がんばれ!クムスン』や『朱蒙』などに出演した女優のハン・ヘジンがその人で、彼女は2008年に「恩光女子高3大オルチャン」に選ばれている。

ちなみにほかの二人はガールズグループ「ピンクル」のイ・ジン、そしてソン・ヘギョがここでも選出されている。

「オルチャン出身」の芸能人は枚挙にいとまがないが、何人か列挙すると、女優のク・ヘソン、アイドルデュオ「DAVICHI」のカン・ミンギョン、ガールズグループ「CRAYON POP」のソユルとAOAのミナなどがいる。

今なお活躍を続ける芸能人が多いことがわかるだろう。

今オルチャンを見つけるならSNS!?

なぜ、「オルチャン出身」の芸能人が多いのか。韓国メディア『Economytalk News』はその理由をこう分析する。

「スマートフォンが発展する直前、オンラインカフェ(コミュニティー)が、大衆が直接評価して認めた美女を選抜する場所だった。そこで大衆が認めた美貌だけに、CM出演や歌手、役者としてデビューして現在まで活動する芸能人が多い」

「“オルチャン出身”だからといって皆が成功するわけではないが、あらかじめ大衆の検証を受けた外見があるので、スムーズに芸能界進出を果たせるし、世間に受け入れられやすい」

記事では、そのオンラインカフェに代わり、現在はSNSがその役割を果たしていると指摘している。

実際、ここ最近を見ても「オルチャンCEO」や「卓球オルチャン」などの美女がSNSに自分の写真をアップすると韓国メディアが取り上げるほどの注目度となっている。

韓国美女はSNSで発掘する時代。未来の韓流スターを見つけるのも、SNSの新しい楽しみ方と言えるかもしれない。

(文=S-KOREA編集部)

(参考記事:グラビア広告塔に17歳オルチャンまで! 韓国で急増している“美女CEO”たちの逆襲