【詳細】他の写真はこちら

合体するのはいいことだ。うん。

モトローラは、同社「Moto Z」ファミリーに連なるSIMフリースマホ端末として、新たに『Moto Z2 Play』を発表しました。現在発売中の『Moto Z Play』の後継機ということになり、既発のフラッグシップ機『Moto Z』とは併売されるようになるとのこと。価格は税抜5万3800円で、発売日は2017年6月29日の予定です。





「Moto Z」ファミリーといえば、背面に装着する脱着式の拡張モジュール「Moto Mods」でカメラやスピーカーを増設できる拡張性がセールスポイント。旧モデルからさらに1mm薄くなり、厚みは最薄部で5.99mmとなりながらも、もちろん背面には「Moto Mods」装着ソケットと強力マグネットを装備。これまでの拡張パーツとの互換性が完全に保たれています。



外観上の特徴は非常に薄型の金属製ユニボディデザイン。薄くなったのに加え、重量も約145グラムとさらに軽量化されました。



ディスプレイサイズは5.5インチ、解像度は1920×1080ピクセル。401ppiのフルHDディスプレイということになります。メインメモリは4GB、ストレージ64GBで、プロセッサは2.2GHzのオクタコアプロセッサ。量販店の店頭でも販売されているSIMフリー端末というと、格安のローエンド〜ミドルレンジモデルが目立ちますが、『Moto Z2 Play』はそれらよりも高めのスペックを持っていることがわかります。



カメラはメイン側の解像度が1200万画素でデュアルピクセルオートフォーカス+レーザーフォーカス搭載。インカメラは500万画素かつ85度の広画角。どちらのカメラにもデュアルCCTフラッシュが装備されました。OSはAndroid 7.1.1、その他ハードウェアの要点としては、USB Type-C端子の装備、nanoSIM2枚挿入可能でデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)対応といったところでしょうか。



ユーザーインターフェース面で独自性のあるポイントは、ジェスチャーで操作できる「Moto Experience」が利用できるということ。たとえば、端末を2回振り下ろすとライトを点灯、手首をひねるとカメラアプリが起動したりします。必ずしも必要というわけではありませんが、PCにおけるショートカットキーのようにジェスチャー操作を使いこなしたいという需要はあるのかもしれません。また画面下中央部の指紋センサーは、スワイプ操作が可能な「ワンボタンナビ」機能を備えています。

『Moto Z Play』と同時に、同シリーズ向けの拡張パーツ「Moto Mods」にも新モジュール『Turbo Power パック』および『ワイヤレス充電キャップ』が追加されました。



『Turbo Power パック』は「Moto Z」ファミリー端末のバッテリーライフを1日近く延長してくれる増加バッテリー。特筆すべきは最大15Wの「急速充電モード」で、たったの15分間充電するだけで8時間使えるだけのチャージが可能。価格は税抜9800円で、2017年7月1日発売予定です。



もうひとつの『ワイヤレス充電キャップ』は、従来からある天然木や比較などの着せ替えMods「スタイルキャップ」に最大10Wのワイヤレス充電機能を追加したもの。「グレー」と花柄の「フラワーデジ」、木製の「キャッツアイ」の3種類が用意されます。こちらは税抜4680円、2017年7月中旬発売の予定。また発表会の壇上では、今後リリース予定の「Moto Mods」として、本格的なゲームパッドの存在も明らかにされました。



ちなみに日本市場では北米などと比べてもカメラModsであるハッセルブラッド「True Zoom」の売れ行きが好調なのだそう。オプションパーツの販売傾向にもお国柄って出るものなのかもしれませんね。『Moto Z2 Play』とお気に入りの「Moto Mods」をいくつか揃えるとハイエンドスマホ級の価格帯になってしまいますが、「合体」という他のスマホにない要素に魅力を感じる人は多いことでしょう。個性派スマホユーザーにおすすめしたい一台です。

撮影・文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト



Moto Z2 Play(Motorola JP)