Photo: ギズモード・ジャパン


今よりちょっと大きい感じ?

ワイヤレス充電や防水機能など、次々とその全貌が明らかになりつつある次期iPhoneこと「iPhone 8」。そして今回は海外サイトのMacRumorsが、同サイトにiPhone 8からと思われるアクセスがいくつかあったことを報じています。

同サイトによると、iPhone 8からと思われるアクセスの端末解像度は375×812ドットだったそうです。iOSとiPhoneは複数の解像度設定を持つことから、実際のiPhone 8で利用される解像度は、これの縦横3倍となる1,125×2,436ドットになるものと考えられます。




実はiPhone 8、以前から5.8インチの有機ELディスプレイが搭載されると噂されており、KGI証券のアナリストのミンチー・クオ氏は上のように画面下部にナビゲーションバーに相当する操作エリアが設けられることを予測していました。そして同氏によれば、操作エリアを除いた画面サイズは5.15インチで1,125×2,436ドット。つまり、今回アクセスログに登場した情報と一致していますね。

今回のデータはまだまだ周辺情報からの憶測でしかありませんが、iPhone 8にはこれまでのiPhoneとは大幅に異なる製品デザインが取り入れられることは間違いなさそうです。個人的には、ゲーム中にこのナビゲーションバーが消えるのかが気になりますね。

・「iPhone 8」らしき部品が初流出! 極細ベゼルに、画面内蔵Touch IDもくる!?

Photo: ギズモード・ジャパン
Source: MacRumors, Twitter
Reference: MacRumors

(塚本直樹)