「プロデュース101」出演キム・サムエル、活動名を“Samuel”に変更…アプリ「V」個人チャンネルがオープン(動画あり)

写真拡大

「プロデュース101」シーズン2出身のキム・サムエルがNAVERのライブ映像配信アプリ「V」を通して戻ってくる。

キム・サムエルは本日(20日)、自身の公式YouTubeチャンネルに1分30秒ほどの予告映像を公開した。

映像は、キム・サムエルのNAVERのライブ映像配信アプリ「V」予告映像で、SEVENTEENのデビューの頃から1PUNCH(ワンパンチ) として活動していた様子、先日のMnet「プロデュース101」シーズン2で見せていた活躍ぶりが収められていた。映像の最後には、キム・サムエルの「V」アプリの放送日時と共に“Samuel”という新たな活動名を予告した。

Samuelは、先日放送終了したMnet「プロデュース101」シーズン2で、16歳(韓国の年齢) という若い年齢で秀でるダンス力と、毎回成長する姿で国民プロデューサーから高い支持率を受けたが、最終順位18位で残念ながら脱落してしまった。

先日Samuelは、直筆で書いた手紙でファンにありがたい気持ちを伝えたりもした。手紙には「『プロデュース101』シーズン2を撮影しながら、大変で辛い時も多かったが、ファンの愛と応援がとても力になった。早く素敵な姿とアルバムを持って戻ってくる」という内容を書いた。

Samuelの所属事務所Braveエンターテインメントの代表“勇敢な兄弟”は、本人のSNSにSamuelの写真と「待ってて、もうすぐ行くから」というメッセージを掲載しSamuelのソロデビューを予告した。

Samuelの単独NAVERのライブ映像配信アプリ「V」は、明日(21日) 午後7時にオープンし、ファンと疎通の場を設ける。