チョ・スンウ&チソン&キム・ソンギュン、映画「明堂」に出演確定…完璧なラインナップが完成

写真拡大

チョ・スンウ、チソン、キム・ソンギュンが映画「明堂」の出演を決めた。

「明堂」側は20日、OSENにチョ・スンウ、チソン、キム・ソンギュンが「明堂」(監督:パク・ヒゴン) の出演を決めたと明かした。

「明堂」は王になりたい者同士の欲望と暗闘、墓地争奪戦を描いた映画だ。特に「明堂」は2013年公開し、900万人以上の観客を動員し大ヒットした映画「観相師」と公開を控えている「相性」に続く易学3部作の最後の作品で関心が高まっている。

チョ・スンウは観象監の地官パク・ジェサン役に、チソンは興宣大院君(フンソンデウォングン) イ・ハウン役にキャスティングされた。また、キム・ソンギュンはキム氏家門を守る長男キム・ビョンギ役に扮し、チョ・スンウ、チソンと阿吽の呼吸を披露する予定だ。

「明堂」は「パーフェクトゲーム」「仁寺洞スキャンダル ―神の手を持つ男―」などを演出したパク・ヒゴン監督がメガホンを取った。下半期にクランクインする予定だ。