CIS、グローバルシャッターCMOSセンサーを採用した4Kカメラ「VCC-4K2」を発売

写真拡大 (全2枚)

株式会社シーアイエスは、1型グローバルシャッター方式のCMOSイメージセンサーを用いた、3G-SDI×4chインターフェース採用の4Kカメラ「VCC-4K2」を2017年7月10日に発売する。希望小売価格は税別600,000円。

VCC-4K2は、本体65mmx65mmx110mmとコンパクトサイズとなっており、同社オリジナルの画像処理技術「Clairvu」を採用することで、3板カメラに迫る高画質を実現しているという。映像出力は、4K UHDTV 60p/59.94p/50p(3G-SDI×4ch)および、1080 60p/59.94p/50p(3G-SDI×1ch)に対応可能。色補正、ペデスタル、カラーバランスなどの色調整機能の他に、LTCやGenLockに対応し、RS-232Cにてカメラの機能設定が可能。詳細は以下の通り。

映像出力フォーマット3840x2160p:2-Sample Interleave 60fps、59.94fps、50fps(Level A)
      Square Division 60fps、59.94fps、50fps(Level A)
1920x1080p:60fps、59.94fps、50fps (Level A/B)
映像方式3G-SDIx4ch、Y/Pb/Pr(4:2:2 10bit)BNC 75Ω終端
センサー1型CMOSグローバルシャッター3.45μmx3.45μm
標準感度F5.6(2000lx)
最低被写体照度3.0lx(F1.4)
シャッタスピード1/50〜1/13、600s
ゲイン0dB〜48dB
電源電圧/消費電力12W(DC+12V入力時)
レンズマウントM42マウント・Fマウント/Cマウントオプション
外形寸法/重量65(W)x65(H)x110(D)mm/約420g
機能オート/マニュアルゲイン、オート/マニュアルシャッター、
オート/マニュアルホワイトバランス、WBプリセット、
色補正、色飽和抑制、ペデスタル(マスター/RGB)調整、
カラーバランス調整、フリッカーキャンセル、
輪郭補正、LTC、遠隔操作(RS-232C)、GenLock対応
適合規格UL準拠材料を使用、RoHS指令対応、CE規格、FCC Class A
動作環境-5 〜+45℃、湿度20〜80%RH(但し結露なきこと)
耐久性耐振動10G、耐衝撃100G