ブースイメージ

関西エアポート株式会社は19日、関西国際空港第1ターミナルビル1階中央プロモーションスペースに、任天堂株式会社のNintendo Switchやニンテンドー3DS、Android/iOS用ゲームが無料で遊べるスペース「Nintendo Check In」を設置すると発表した。

 

2017年3月に発売された「Nintendo Switch」は、ローンチタイトルの「ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド」が好評。また、7月21日発売の「Splatoon 2(スプラトゥーン2)」やE3で発表された「スーパーマリオ オデッセイ」「メトロイドプライム4」「ファイアーエムブレム無双」などへの期待から、ゲーム本体の「Nintendo Switch」が入手困難な状況となっている。

 

そのような中、関空では、誰でも利用できるスペースに「Nintendo Switch」がプレイできるエリアを設置して、空港に遊べる空間を創出する。

また、第1ターミナルビル国際線南北到着動線にはマリオやクッパ、ピーチ姫など、マリオの世界のお馴染みのキャラクターが描かれた「キャラクター装飾」を実施。

日本を訪れた外国人観光客が、日本を象徴するキャラクターの一つであるマリオの歓迎を受けるというデザインになっている。

第1ターミナルビル国際線南北到着動線

発表資料

URL:http://www.kansai-airports.co.jp/news/2017/2503/170619PressRelease_NintendoCheckIn_J.pdf

2017/06/20


▷こちらもおすすめ

いま話題のマストドン、その特徴から使い方まで

 

「ビジュアルサーチ」で欲しい素材がピンポイントで見つかる! 仕事効率が高まるメリット満載のAdobe Stock

 

WordPressでブログでなくビジネスサイトをつくろう