B1A4 バロ「愛犬のおかげで、いつか結婚して子供が生まれたら良いパパになれる気がする」

写真拡大 (全7枚)

愛し合うと似ていくという。2人もそうだった。愛し合って約1年。互いから離れたがらず、愛情表現は甘く、楽しく遊ぶ姿が似ている。B1A4のバロと愛犬のユルム、家族として出会った2人は愛情溢れていた。

B1A4のバロは最近、愛犬のユルムとともにTVレポートとのインタビューに応じた。ユルムは生後1年2ヶ月のメスであり、犬種はトイプードルだ。ユルムという名は、出会った時の毛の色がユルム(韓国語でハトムギの意) 色だったため付けた。バロの実妹のアイが名付けた。

バロはユルムについて「とても大人しかった子が、大きくなるにつれてずいぶん活発になった。人が大好きで、愛嬌が多い。特に特技はないが(笑)、基本的な訓練がきちんとできている。空気をよく読むし賢い」と紹介した。

ユルムはバロ、アイ、母の3人で飼っている。父が住んでいる田舎の家でも犬を飼ったことがあるという。ユルムはソウル生活で初めて受け入れた家族だ。愛情溢れ、SNSのアカウントも設けた。バロとアイはともにSNS「ユルムが現れた」を運営中だ。フォロワーだけで約1万5千人に上る。

「僕たちはユルムのおかげで幸せなのに、もしかしてユルムは寂しいのではないかと最近心配している。そこで、友人(他の犬) を連れてこようかなとも思っている。しかし、家事をしている母が犬2匹の面倒を見るのは簡単ではないと思って、悩んでいる」

バロは長期間家を不在にして帰ってくると喜んで迎えてくれるユルムのおかげで幸せだという。海外スケジュールが多いので、その心がどんどん大きくなったという。愛嬌の多いユルムのおかげで、見ているだけで胸が一杯になるというバロ。

「いつも明るいユルムが病気になった時はとても悲しかった。身体に合わない食べ物を知らずに食べてしまって病気になった。それから、もっと注意して面倒を見ている。ユルムのおかげで、いつか結婚して子供が生まれたら育児がよくできそうな感じがする。良いパパになれる準備ができている。ハハハ」

ユルムのおかげでこんなに幸せだというバロだが、愛犬を飼い始めるのはまず注意してほしいという。決して簡単に考えてはならない部分だという。動物が住める環境が整っているべきであり、最後まで責任をとるという覚悟が必要だと強調した。

「僕の周りでは、ユルムを見て『犬を飼いたい』という方が多かった。しかし、家を長い時間不在にしている人は絶対にいけないと思う。僕の家族も最初は悩みが多かった。犬も寂しさを感じている。家族になるというのは、単なる愛情だけでできるものではない。責任感のほうがもっと必要だ。『寂しいから飼う』というのはいけないと思う。責任をとれず、捨てられる犬が多い。本当に胸が痛い現実だ」

バロとユルムが参加した捨てられた動物を支援する寄付キャンペーンは、6月5日までG9で行われた。