画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Amazon.co.jpは20日、有料サービス「Amazonプライム」の会員コードを、「Amazonプライムギフトコード」として企業向けに販売開始した。これにより、企業が顧客や従業員向けのインセンティブとしてAmazonプライムを提供できるようになる。

Amazonプライムは、Web通販サイト「Amazon.co.jp」の有料サービス。年額3,900円もしくは月額400円(いずれも税込)の利用料金で、購入品の配送を時間指定したり、翌日配送したり(一部地域向け)といった特典を受けることができる。また、Amazonプライム会員のみが利用できる、1時間配送サービス「Prime Now」や生鮮食品配送サービス「Amazonフレッシュ」といった配送サービスに加え、音楽・動画の聞き放題サービスも利用できる。

Amazon.co.jpではすでに、商品購入に使えるAmazonギフト券を企業の顧客・従業員向けのインセンティブギフトとして販売している。今回、Amazonプライムを1年間利用可能とする「Amazonプライムギフトコード」を、インセンティブギフトの商品として追加提供。同社はこの追加により、Amazonプライムの体験を広く届けられるとしている。