学生の窓口編集部

写真拡大 (全11枚)

チェコ共和国の首都・プラハは中央ヨーロッパ有数の観光都市です。市内にはかの有名なモルダヴ川が流れ、中世の町並みが残る幻想的な雰囲気を持っています。尖塔が多く立ち並ぶことから「百塔の街」とも言われ、旅行好きから根強い人気を持つ街の1つです。そこで今回は、プラハを観光する際に気をつけたい注意事項や基本情報、そして逃したくないおすすめスポットをご紹介します。

■プラハの治安

【性格診断テストまとめ】自分の隠された一面が丸わかり?!

外務省によりますと、プラハの治安情勢は安定的で犯罪件数も凶悪犯罪は多くなく、漸減傾向ということです。しかし、犯罪発生率は日本の2倍で車上荒らしや車の窃盗、車上荒らしなどが多く発生しています。

日本人への被害は、世界各国同様スリ・置き引きなどがほとんどですが、ホテル内侵入窃盗が増加傾向で、隣の家の屋根を伝って窓から侵入したり、ホテルの部屋のカギを解除して侵入したりして金品を盗む手口が明らかになっています。電気をつけっぱなしにする、セーフティボックス内に貴重品をいれるなどの対策も施して被害を最小限に抑えましょう。

また、日本人や日本の権益が標的となったテロも、十分に起こる可能性があります。誘拐や脅迫、テロなどに遭わないように細心の注意を払いましょう。

■プラハと日本との時差

日本とプラハの時差はマイナス8時間で日本の方が、8時間進んでいます。サマータイム中はマイナス7時間、日本の方が、7時間進むようになります。

■プラハまでの飛行時間

現在、日本とチェコを結ぶ直行便はひとつもなく、隣国やヨーロッパの主要都市から乗り換えでプラハに向かう必要があります。

フライト時間の目安は、ヨーロッパ系キャリアで乗継ぎ時間も含めておよそ14時間〜16時間です。乗継候補地として、ウィーンやドイツミュンヘン、アムステルダムなどが挙げられます。都市で乗り継げば、日本から旅立っても同日にプラハに到着できるでしょう。

■プラハまでの旅費

プラハへは乗継前提の旅となりますので、航空会社を選んで航空券を直接インターネットで購入してみてはいかがでしょう。2017年6月現在、エールフランス航空(乗継便)で、ヴァーツラフ・ハヴェル・プラハ国際空港へは最安値で往復8万円〜航空券が販売されていました(数量限定)。

また、飛行機移動にこだわらず列車の移動も検討してみてはいかがでしょうか。プラハの玄関口プラハ中央駅は、鉄道でヨーロッパ各国と繋がっていますので、近隣国のドイツ、オーストリア、ハンガリー、ポーランドなどから陸続きで移動してみてもスムーズに移動ができます。

旅行代理店のフリープランのパッケージツアーも航空会社選び、ホテル選び、滞在日数が納得いくものでしたらお買い得かもしれませんね。くれぐれも乗継時間やホテルのランク、ホテルの場所(駅に近いかどうか)など詳細を確認してください。

■プラハの言語

公用語はチェコ語ですが、観光地やホテルではドイツ語か英語が利用されています。
チェコ語で こんにちは=ドブリーデン、ありがとう=ジェクイ、お願いします=プロスィーム、すみません(Excuse)=プロミンテ  となります。

■その他プラハ観光をする際の注意点

プラハでの公共機関、病院、公共交通機関は基本的に禁煙です。教会観光は基本的に肌を露出した服装は禁止ですのでミサ時の見学は控えた方がいいでしょう。
レストランや美術館、オペラ鑑賞などのドレスコードも店のグレードによって変わります。
男性はスーツ(ネクタイ着用)、女性はワンピースなど服装への配慮も必要です。

続いては、プラハのおすすめ観光地をご紹介します。

プラハのおすすめ観光地1.旧市街広場

カレル橋とヴァーツラフ広場との間、旧市街の中心にあり、「プラハの心臓部」と呼ばれるほどいつも多くの観光客で賑わっている広場です。バロック様式の聖ミクラーシュ教会やゴシック様式のティーン教会やゴルツキンスキー宮殿など様々な建築様式の建造物が並んでおり、歴史を感じさせます。

どこへ行くのも、何かを始めるのも、だいたいこの旧市街広場から。朝から夜まで観光客や地元民で賑わうとても楽しい場所です。スタンドではビールやソーセージを味わうこともでき、ゆっくり過ごすにはちょうどいいでしょう。旧市庁舎の塔の上からは広場全体を見渡すこともできます。観光地特有の馬車やクラシックタクシーや市内を回るトロリーもここから乗ることができます。旅を始める前の休憩地としてもおすすめです。

プラハのおすすめ観光地2.新市街

プラハ最大の繁華街は、ヴァーツラフ広場を中心とした新市街です。最先端のおしゃれな百貨店やデパートがあるエリアで、観光客だけではなく地元プラハっ子もショッピングをする場所となっています。「プラハの春」の舞台としても知られ、プラハでカフェめぐりなども楽しめます。

国立博物館から地下鉄ムースティック駅まで続く750mの大通りは、「世界一犬好きな国」らしく街中で犬を連れて歩いている人をたくさん見かけます。しっかりしつけされている賢いワンちゃんたちは、レストランや公共交通機関の利用も可能です。
ナーロドニー通りはアンティークショップが路地に並ぶ建造物が美しいエリアで美術館や劇場など文化的エリアとなっていて、たくさんの人が行き交います。

プラハのおすすめ観光地3.ユダヤ人街

旧市街の北側にある、かつてユダヤ教徒が住んでいたエリアで、中欧で一番古いユダヤ人街です。シナゴーク(ユダヤ教会)や墓地などがあり当時の生活を感じることができます。
後期ゴシック様式のシナゴークの建物は、ギザギザのレンガ屋根が特徴的でモダンです。全部で4つあるシナゴークはそれぞれ違った雰囲気ですので、すべてをまわってみるのもいいでしょう。

ユダヤ人街ヨゼフォフには、その他ユダヤ人博物館やフランツ・カフカの生家があり多くの観光客が石畳の路地を歩いています。プラハ旧市街と繋がるパリ通りにあり、雰囲気はフランスのパリの様なエリアには高級ブティックなどが多く立ち並び高級感あふれる通りとなっています。

プラハのおすすめ観光地4.ティーン聖母教会

旧市街の東側にそびえ立つ、遠くから二つの尖塔が目立つ教会。教会の周りにはお店がたくさんあり、入口が少しわかりにくいですが石のアーチをくぐった所から入ることができます。2つの尖塔は右と左で太さが違い、太い右側がアダム、少し細い左側がイヴを表しているそうです。中は多くの宗教画で飾られ、圧倒されるような荘厳さに驚くことでしょう。黒を基調とした内装は教会の厳粛な雰囲気を際立たせるもので、定期的にここで行われるミサにも参加することができます。内部は撮影禁止なのでご注意下さい。

夜にはライトアップによってさらに存在感を増し、夜景に華を添えます。

プラハのおすすめ観光地5.火薬塔

この塔は共和国広場の前にあり旧市街広場方面に行く際に目に入ります。まるで灰を被ったようなその黒さは圧巻で、夜にはライトアップがされとてもキレイです。チケットを購入するために急な螺旋階段を登ります。道中はとても急で危ないのでロープが垂らしてあり、それにつかまることになります。お年寄りや小さい子供は危険かもしれません。

登りきった先はそこまでの苦労が吹き飛ぶほどの景色を見ることができます。見晴らしは大変素晴らしく、絶好の撮影チャンスです。旧市街と新市街の境界にあり、ツェレトゥナー通りがここから西に向かって始まり旧市街広場と繋がります。

プラハのおすすめ観光地6.カレル橋

カレル橋は旧市街広場から歩いて5分程の所にあり、観光名所の通り道であるため常に人で混み合っています。橋の上からプラハ城を見ることが出来、特に夜のライトアップされた景色はとても綺麗に見えます。橋の両側には像が何体も立っており、優美で見応えがあります。聖人たちに思いを馳せ、願いを込めながら像を触って帰る観光客も多いのだとか。昼間には出店も出るため、この場でゆっくりと休息をとることもできます。ゆっくりと散策をしたい場合は早朝に、賑わいのある雰囲気を味わいたい人は昼頃に行くのがいいでしょう。絵師や土産物売りといったどこか懐かしい雰囲気、歴史に裏打ちされたたたずまいの異国情緒、川からの自然な空気の流れ、橋から見られる街全体の眺望。それら全てを体験できるすばらしい橋です。

プラハのおすすめ観光地7.市民会館

プラハはドヴォルザークなどの著名な作曲家がたくさん出た街であるため、ここにきたならばやはりクラシックは外せません。

プラハでは街の至る所にあるホールで毎日たくさんの演奏会が開かれていて、格式を重んじるようなドレスコードもないので観光のついでに気軽に聴くことができます。そんな中でもこの市民会館、スメタナホールはよりゴージャスな体験をできるため観光客に特に人気があります。音響と奏者の素晴らしさも秀逸で、プラハの夜を華麗に彩ることができるでしょう。お値段は3500円から6000円程となります。

プラハのおすすめ観光地8.ヴァレンシュタイン宮廷庭園

入ってすぐの場所には大きな鯉のおよぐ美しい池があり、鴨や白い孔雀などが飼われています。そこから奥の方へ行くと宮殿を見学することが出来ます。運がよければここで開かれる催し物を見ることができるのではないでしょうか。コンクリートで作られた一面のオブジェは植物と一体化し不思議な空間を演出しています。宮殿内部を隅々まで見ることはできませんが、回廊までは入ることができます。

地下には小さい博物館があり、かつての貴族たちに各国から送られた品物や写真などが展示してあります。けして豪華ではありませんが、その優美な空間にはきっと心を癒すような力があるのでしょう。

プラハのおすすめ観光地9.勝利の聖母教会

プラハの西にあるペトシーン公園の東端、プラハ城を下ってアメリカ大使館の前に教会があります。大きな教会ではありませんが観光客が多く訪れるためすぐに場所を見つけられることでしょう。

中に入ると、この教会のシンボル幼子イエスを抱いたマリア像があり、正面の扉の上部には聖母マリアが彫刻されています。内部の正面の祭壇は黒と金を基調とした荘厳なものとなっており、とても豪華です。古きよきゴシック様式の建築が背の高い教会の天井まですっと伸びている様は威厳に満ちており、厳粛な雰囲気を醸し出しています。とても厳かで重厚感のある空間を間近に感じることができるため、一見の価値がある教会だと思います。

プラハのおすすめ観光地10.旧市庁舎と天文時計

旧市庁舎の天文時計は、1時間ごとに「骸骨が鐘を鳴らし窓から聖人が顔を出す」というカラクリが動き出します。上部は天文時計、下部は暦表として時計が成り立っており、どちらもとても見事な作りになっています。低い場所に設置されているため、その精巧な作りを間近で見ることが可能です。

旧市庁舎からは旧市街からプラハ城までの雄大な景色を見渡すことができ、お昼時はもちろんのこと夜には思わず感嘆の声を上げてしまう程の夜景を体験するとが出来ます。

旧市街で観光客が1番集う場所といっても過言ではありません。そのため、訪れる際には時間を確認しながらなるべく早めに行くことをお勧めします。

プラハのおすすめ観光地11.プラハ城

カレル橋を渡り住宅街を抜けて到着するプラハ城は、中世へとタイムスリップしたかのような錯覚に陥るほど美しい建物です。チケット売り場が非常に混雑するため朝一番に行くことをおすすめします。

王宮内にあるレストランは様々な料理を取り揃えており、中でもスープカレーが驚きの美味しさを誇ります。

王宮奥にある黄金の小路や火薬塔内部の牢獄などは、子供も楽しめる場所です。時間のある方は正午に行われる衛兵交代を見ると良いでしょう。

南塔287段の階段を上っていくと素晴らしい景色を一望することが出来ます。体験までに一仕事ありますが、これなしにはプラハ城の魅力を感じることは出来ないでしょう。

プラハのおすすめ観光地12.聖ヴィート大聖堂

聖ヴィート大聖堂はプラハ城の中でもっとも規模が大きい建物であり、代々のボヘミア王が眠るチェコ国内で最も重要な教会です。隣接して建てられた、遠くからも見える塔はプラハを代表する景観のひとつになっています。この場所には930年頃、ロトンダという教会の原型が建てられ、長い建設期間を経て最終的な完成を見たのは20世紀に入ってからで、実に600年もの歳月がかかった事になります。

プラハの代表的な画家ミュシャが描いた有名なステンドグラスは、入口左手におかれています。チェコの守護聖人と呼ばれたヴァーツラフ王とその祖母聖リュドミラを中心に描かれており、他のステンドグラスと比べて青く沈んだ色が印象的です。

プラハのおすすめ観光地13.聖イジー教会

920年建造の聖イジー教会は、外観は質素で素朴に感じますが、17世紀に加えられたファサードと2本の白尖塔、礼拝堂や天井フレスコ画など、内部に入ると心が洗われるような静寂さで、プラハ屈指の場所とも言えます。ベネディクト修道院の一部として建てられたロマネスク様式の教会聖イジー教会は、身廊にプシェミスル王朝の墓があります。内部の「天井のエルサレム」は必見!で、豪華に教会の内部を装飾する時代とは一線を画したものです。

ここでは毎年春に管弦楽や室内楽のための国際音楽祭「プラハの春」音楽祭コンサートが行われます。チェコ・フィルハーモニー管弦楽団がホストとして人気の指揮者やオーケストラとコラボレーションして素敵な音楽を届けます。

プラハのおすすめ観光地14.ミュシャ美術館

※写真はイメージです。

チェコ南東部、ブルノ近郊生まれのアルフォンス・ミュシャは、ミュンヘンやパリで絵画を学び「ジスモンダ」という作品で一躍有名になりました。ジスモンダは、人気女優サラ・ベルーナルが主演する舞台の宣伝ポスターで、繊細でしなやかや女性を描きこれが評判となって、人気画家となりました。そのミュシャの作品を収蔵しているのがミュシャ美術館です。

彼の作品はアール・ヌーヴォ様式の女性の美しさを表現し、その独特の画法は今も人気を集めています。美術館には100を超えるコレクションが所蔵されていて、ポスターや油彩画のほか、聖ヴィート大聖堂のステンドグラスの下絵も公開しています。

「ヒヤシンス姫」というチェコの人気舞台女優アンドゥラ・セドラコヴァの絵画も素晴らしい作品なのでぜひみていただきたいです。

プラハのおすすめ観光地15.カヴァルナ・オベツニー・ドゥーム

市民会館の1階にあるカヴァルナ・オベツニー・ドゥームは、アール・ヌーヴォ様式のカフェでミュシャが内装を手がけた建物です。吹き抜けの天井にシャンデリアの内装、テラス席もある室内は、窓からは太陽の光りが差し込み、カフェとしては素晴らしい空間となっています。

食事も、サンドイッチなどの軽食ばかりでなく、チェコ料理を堪能できるメインディッシュもあり、ミュシェ美術館を巡ったあとの休憩、ディナーに最適の場所と言えるでしょう。夕方4時頃から夜8時の間には、ピアノの生演奏があるようです、お店は2階席もあり、豪華絢爛な大理石やシャンデリアに目を奪われてしまいます。

プラハのおすすめ観光地16.プラハ中央駅

プラハ中央駅(プラハ本駅)は、文字通りプラハの陸の玄関口で、近隣のミュンヘン、チューリヒ、ベルリンからの乗り入れはともかく、ヨーロッパ各国(オーストリア、ドイツ、ハンガリー、スイス、ポーランド、スロヴァキア、オランダ)などの鉄道が乗り入れている大変大きな駅です。

アール・ヌーヴォ風の駅舎は、地下1階と地上3階の吹き抜け構造で、プラハの街並みにとても馴染んでいて美しいです。駅の西側には旧市街が広がっていますのでプラハ観光は、駅周辺に拠点を置いても便利です。

鉄道が大変発達している国なので、旅行も飛行機ではなく、列車移動でヨーロッパの街並みをみながら観光するのも一生に一度はしてみたいものです。

プラハのおすすめ観光地17.国立歌劇場(オペラ座)

※写真はイメージです。

世界中のオペラ作品を上演しているプラハ最大のオペラハウス、国立歌劇場(オペラ座)です。大変古い建物ですが、歴史的な重厚感、格式高い雰囲気などは中欧の音楽を支えてきたと思える本格的な歌劇場です。客席もバルコニー席があり、音響は上に抜けてしまう会場と違って、客席部分にも響き渡ります。

演目も大変有名な「くるみ割人形」「ドン・ジョバンニ」「マダム・バタフライ」などのオペラが楽しめるほか、バレエやドラマの上演があります。

チケットは当日、窓口で購入可能です。内部を見学するガイドツアーが1日に2回あり日本語の説明書も用意されているようです。時間がある場合は上演のほかにこのオペラ座の歴史も感じていただければと思います。

プラハのおすすめ観光地18.ヴァーツラフ広場

新市街のメインストリート、ヴァーツラフ広場は国立博物館から地下鉄ムースティック駅までの大通りです。ボヘミア初代王の聖ヴァーツラフの騎士像があり、石畳の通りは多くの人で賑わいます。通りにはホテルや銀行、カフェやレストランがたくさん並ぶ繁華街で若者が多く集まっています。

チェコの歴史を語る上で重要なヴァーツラフ広場は、プラハの春 民主化運動から20年後に起こった「ビロード革命」で数十万人の市民が集まった広場でもあり、また旧ソ連軍の軍事介入に抗議し、焼身自殺を図ったヤン・バラフの墓もあります。

プラハのおすすめ観光地19.シュテルンベルク宮殿

国立美術館として公開されているシュテルンベルク宮殿は、18世紀末にシュテルンベルク伯によって設立された宮殿です。プラハの国立美術館はその他にヴェレトゥルジュニー宮殿、シュヴァルツェンベルク宮殿、キンスキー宮殿などの建物群から構成されます。
ここには、レンブラントやデューラー、ルーベンスなどバロック期の西欧美術を所蔵しています。

主なコレクションは、レンブラント・ファン・レインの「読書する学者」やアルブレヒト・デューラー「ロザリオの祝祭(バラ冠の聖母)」、プラハのテオドリック「聖ヒエロニムス」などです。分館のヴェレトゥルジュニー宮殿にはルソー、ピカソ、クリムトなど後期印象派の作品が展示してあります。

プラハのおすすめ観光地20.スタヴォフスケー劇場(エステート劇場)

※写真はイメージです。

モーツァルトの指揮によりオペラ「フィガロの結婚」「ドン・ジョバンニ」が初演された劇場で、映画「アマデウス」のロケ地としても知られています。

旧市街地から徒歩3分の場所にあり、1783年にクラシチズム・スタイルで建てられた劇場は、長きに改修を重ねて現在の姿になりました。ヨーロッパの中でも上位にランキングされるほどの美しい劇場で、モーツァルトの熱狂的ファンは、この劇場を聖地と呼んでいるそうです。その他、ニコロ・パガニーニが演奏しグスタフ・マーラーが指揮したこともあるそうです。
劇場は639席ほどの小劇場で、毎月モーツァルト・オペラの公演が予定されています。

内装はエレガントながらもシックな雰囲気、要所にゴールドが輝き、優美なモーツァルトの曲を聴くにはぴったり。小劇場のため、ドレスコードもやや緩めといった感じです。

プラハのおすすめ観光地をご紹介しましたがいかがでしたか? 街中でヨーロッパの歴史と文化を体感できるチェコ・プラハ。ぜひ事前に観光情報をチェックして、見逃すことの内容にしましょう!

執筆者:つかさあおい(ナレッジ・リンクス)
学生の頃から趣味だった旅行は、いつしか仕事になりツアーコンダクター歴は15年。日本国内(47都道府県制覇)と海外(12カ国40都市)を旅するように。現在は旅行ライターとしてまだまだ日本人が知らない現地ネタを情報発信中。ディープでおもしろい国内旅行、その土地ならではの海外の歩き方をご紹介します。