駆けつけた救急隊員ら(画像は『Netcare911 2017年6月3日付Twitter「KZN, N3 PMB. 3 Hitch hikers attacked, 1 killed while trying to escape by running over N3.」』のスクリーンショット)

写真拡大

南アフリカで仲間とヒッチハイクをしていた女性が強盗に襲われた。しかしかろうじて逃げたものの、パニックに陥った女性は国道に飛び出し、走行していた車にひかれて死亡した。土曜日の夜にヒッチハイクという、危険な時間帯での出来事であった。

6月3日夜、クワズール・ナタール州ピーターマリッツバーグの国道横の橋で、女性2人と男性1人がヒッチハイクをしていたところ、男ばかりの集団が近づいてきた。彼らは立ち止まっている3人にいきなり襲い掛かると、金品や所持品を奪おうとした。

なんとかその場を逃げきった女性の1人は、必死で遠くに向かおうとしたのだろう。しかし不幸にも彼女が横切ったのは国道でそこを走っていた車にはねられた。すぐに救急隊が駆けつけるも、全身打撲で死亡していたという。彼女の友人らは一部始終を目撃しており、精神的なショックが大きいそうだ。

不運にも女性をはねてしまった車の運転手は無傷であった。救急医療会社「ネットケア(Netcare)911」によると、最近は強盗から逃げようとした人がやみくもに走り、車に引かれて怪我または死亡するケースが増えているとのことだ。

画像は『Netcare911 2017年6月3日付Twitter「KZN, N3 PMB. 3 Hitch hikers attacked, 1 killed while trying to escape by running over N3.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 FLYNN)