「2018年卒マイナビ大学生就職内定率調査(6月15日時点)」18年卒全体の内々定率

写真拡大 (全6枚)

 マイナビは6月19日、特別調査「2018年卒マイナビ大学生就職内定率調査(6月15日時点)」を発表。内々定率は5月末より14.4pt増の67.7%に達し、前年6月末時点の内々定率(65.3%)を上回った。文理別では理系の方が内々定率が高く、男女ともに7割を超えている。

 今回発表された特別調査は、前年よりも早いペースで進捗している学生の就職活動状況を鑑み、6月1日の選考開始直後である6月9日から15日の期間で臨時調査を実施したもの。2018年3月卒業見込みの大学4年生、大学院2年生、計8,168名(文系男子1,617名、文系女子3,640名、理系男子1,666名、理系女子1,245名)から有効回答を得た。なお、正式内定は10月以降となるため、調査内では「内々定」と表記している。

 18年卒の内々定率は、3月末で6.3%、4月末で23.0%、5月末で53.3%と推移し、6月15日時点で67.7%に達した。5月末から半月で14.4ポイント増加しており、6月半ばにして前年6月末時点の内々定率65.3%を超える結果となった。

 文理男女別でみると、文系男子66.1%、文系女子61.1%、理系男子74.8%、理系女子72.8%。理系は男女ともに7割を超え、内々定率の男女差も小さかった。内々定率を5月末と比較したところ、文系男子が15.3ポイント増、文系女子が14.0ポイント増、理系男子が14.7ポイント増、理系女子が12.3ポイント増。文系男子の内々定率がもっとも上昇していた。

 今回の調査結果の詳細は「新卒採用サポネット」で公開されている。マイナビでは今後、就職活動が中盤から終盤に向けてどのように推移していくか、引き続き調査を継続していくとしている。 《リセマム 黄金崎綾乃》