「サークル」ヨ・ジング、アン・ウヨンの言動に“絶望”

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
アン・ウヨンが記憶喪失の症状を見せている中、ヨ・ジングが大きな衝撃を受けた。

韓国で昨日(19日) 放送されたtvN月火ドラマ「サークル」では、ハン教授の実験によってますます記憶を失っていくボムキュン(アン・ウヨン) の姿が描かれた。

やっと意識を取り戻したボムキュンに、ウジン(ヨ・ジング) は「兄を拉致したのはハン教授だろう?」と写真を見せた。するとボムキュンは「そう、この人が犯人だ。全部この人がやったんだ」とハン教授の悪行について証言した。

しかし調査が始まると、ボムキュンは刑事の前でハン教授について知らないと答えた。慌てたウジンが「兄貴、どうした? この人が犯人だと言っただろう!」と叫んだが、ボムキュンは犯人はブルーバードだと主張した。ハン教授によって記憶が消されていたからだった。