羽鳥慎一

写真拡大

19日放送の「橋下×羽鳥の番組」(テレビ朝日系)で、フリーアナウンサーの羽鳥慎一が、民進党の追及姿勢に疑問を呈した。

番組では「官僚」をテーマに、元官僚や議員らがスタジオで徹底討論し、その内情に迫った。そして官僚にとっての大臣の存在について議論が移ると、民進党の衆院議員・宮崎岳志氏は野党の立場から「誰だって大臣になれる」「『この大臣ダメだ』って品定めしますよ。ダメな大臣から攻めていく」と意見した。

これにMCの前大阪府知事・橋下徹氏は「全部、政治家が行政のことを把握しているわけじゃない。国会での質問も仕分けしないと」「政治家と役人の仕事を分けないと」と主張する。

そして国会で野党が、多くの質問に大臣の回答を求める現状について橋下氏が嘆くと、宮崎氏は「大臣に答えさせたいことだけ(聞く)」「別に答えられなかったから恥ずかしいわけでもない。聞いた人が『ああ、(大臣は)こんなことも知らないのか』と思うかどうかの話」と冗談交じりに答えたのだ。

宮崎氏は笑みを見せながら回答すると、羽鳥は何かを感じたようで、真顔で「それ、印象操作なんじゃないですか?」とダメ出ししていた。

【関連記事】
元大阪府知事・橋下徹氏が京都府民の気質に切り込む「大阪をバカにしてる」
元財務官僚が過酷な公務員生活を告白「給湯室で泣いた」「パンツは裏返してはく」
羽鳥慎一 福澤朗のフリー転身後の稼ぎぶりを指摘「0が違う」