「プロデュース101」出演チャン・ムンボク、初のファンミーティングを盛況裏に終了…多彩な姿でファンを魅了

写真拡大

「プロデュース101」シーズン2に出演したチャン・ムンボクがファンと楽しい時間を過ごした。

チャン・ムンボクは先日(17日)、ソウル市麻浦(マポ) 区西橋洞(ソギョドン) に位置するSpace Mで初のファンミーティング「ムンクリスタルパワー」を開催した。

所属事務所であるONOエンターテインメントは、ファンミーティングの1週間前に事前質問とともに、出席の有無などを調べた後、チャン・ムンボクの投票認証画像を添付し申し込んだファン50人(先着順) を招待した。ファンミーティング受付開始から1分も経たないうちに締め切られた。

この日のファンミーティングでは、事前調査を通じてファンから予め受け取った質問で、チャン・ムンボクについて知りたいことを虚心坦懐に話す質疑応答の時間を設けると共に「チャン・ムンボク領域」という模擬試験も行い、高いスコアを得た人にチャン・ムンボクの愛蔵品をプレゼントする時間を設けるなど、これまでファンが持っていた疑問を解消する愉快な時間が続いた。

その後、同じ事務所からデビューを準備しているガールズグループBlack Mambaと共に、BLACK PINKの「口笛」のカバーダンスを披露し、退場しようとした瞬間、流れていた「僕だよ僕」に合わせダンスの一部を披露し、ファンは歓呼した。

また、チャン・ムンボクが「SUPER STARK2」で着た衣装の色である、ピンクとブルーをファンミーティングのドレスコードに設定し、ベストドレッサーを選定したが、頭から足先までピンク、ブルーの衣装をまとったファンが優勝し、チャン・ムンボクと共にファンの携帯で直接セルフショットを撮る時間が設けられた。

チャン・ムンボクは、残念に思うファンのために本人の楽曲「哭声」を同じ事務所に所属するラッパーのサポと共にライブで熱唱し、現場を盛り上げた。

最後に、生涯初のファンミーティングを開催した感想と、これまで応援してくれたファンに感謝の挨拶を伝えたチャン・ムンボクは、参加したファン全員とポラロイド写真を撮る優しい姿を見せ、ファンとの最初の時間を終えた。

約2時間ほど行われた今回のチャン・ムンボク初のファンミーティング「ムンクリスタルパワー」で彼は、放送では見せたことのない明るくて愉快な姿でファンとコミュニケーションし、引き続き関心と愛を見せてくれたファンに感謝の気持ちを伝えた。

「プロデュース101」シーズン2の撮影を終えたチャン・ムンボクは、新しい姿でファンと出会うためにリフレッシュの時間を過ごす予定だ。