Nine Muses、新曲「Remember」MVを公開…4人組でも変わらぬセクシーさをアピール

写真拡大 (全2枚)

グループは4人組に縮小されたが、Nine Musesのカラーはさらに強くなった。ギョンリ、ヘミ、ソジン、クムジョの4人体制になったNine Musesが自身たちの確固たるアイデンティティで戻ってきた。

Nine Musesは昨日(19日) 午後6時、韓国の各音楽配信サイトを通じてニューミニアルバム「MUSES DIARY PART.2:IDENTITY」の全曲を発売した。

今回のアルバムはハイティーン映画のようなストーリーの「MUSES DIARY」に続くシリーズアルバムで、今回は若者たちの痛みと傷、混乱を経験しながらアイデンティティを探していく成長を描いた。

タイトル曲「REMEMBER」は、別れた恋人との辛い記憶をビンテージなギターの演奏とともに1つずつ解いていく。典型的なEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック) 構成ではなく、レトロながらも現代的なサウンドが際立つ。独特で大胆な試みのダンス曲で、静けさの中に押さえていた感情が爆発し、嵐の前夜を表現するような反転がある。

Nine Musesは「覚えてる? 私を愛したことがないでしょう/勝手に戻ってこないで」「忘れないで! 望むと勘違いしないで/あなたのせいで疲れてしょうがない」などの歌詞を通じて、別れた恋人に痛快な一言を残す。

Nine Musesは発売ショーケースで「REMEMBER」に対して「ギャップのある魅力が際立つ。序盤には叙情的なメロディが流れて、終盤に進むほどクライマックスに至るダンス曲だ」と説明した。

その他にもNine Musesの今回のアルバムには、新しい恋を歌った曲「Pastry」、2人の女性の中で誰を選択すれば良いか戸惑う彼に、一緒にいようと誘う内容のダンス曲「2人で」、トリプルリズムのアコースティックな楽器で構成された編曲とビンテージなサウンドの「Hate Me」など多彩な曲が収録された。