左ボスポケモンのバンギラス
右ジムに巨大タマゴが登場する

株式会社ポケモン(The Pokémon Company)は19日、大規模なアップデートにより、ジム機能が大幅にリニューアルし、「レイドバトル」や新機能、新しい道具の追加などを実装すると発表した。

 

トレーナー達が待ち望んでいた「レイドバトル」は、ジムに発生する巨大なタマゴが目印。出現したタマゴにはカウントダウンのカウンターが表示され、ゼロになると「ボスポケモン」が出現、最大20名のトレーナーと一緒に制限時間のあるレイドバトルに挑むことになる。

 

この20名はチームの垣根を超えて誰でも参加できるが、ジムで1日1枚入手できる「レイドパス」がないと参加できない。複数枚所持するには課金アイテムの「プレミアムレイドパス」が必要だ。

 

なお、発表資料では、CP25346のバンギラスが登場。参加者のポケモンでバンギラスを囲んで攻撃している様子も確認できる。

また、ジムの新機能としては、ポケストップと同様にジムのフォトディスクをスワイプで回転させると道具が入手できるようになる。

さらに、そのジムをキープしているチームのトレーナーが配置できるスロットは常時6つになるが、同じポケモンを配置することはできなくなる。

 

ジムのポケモンには、ハートのアイコンで表示される「やる気」が設定され、配置からの時間経過やジムバトルへの参戦回数によって「やる気」が低下する。

「やる気」が低下したポケモンは100%のCPを発揮できなくなるので、チームメンバーは「きのみ」をあげて「やる気」を回復させる必要がある。

 

ジムでもらえる新アイテムは、ジム固有の記念アイテム「ジムバッジ」を始め、レイドバトル勝利でもらえる「ふしぎなアメ」、ポケモンが別の技を覚え直せる「わざマシン」、よりポケモンを捕まえやすくなる「きんのズリのみ」など、特別な道具が登場している。

 

現在、アップデートのために全てのジムの利用は一時的に停止状態となっていて、今後数週間をかけて順次公開される。

なお、オフィシャルパートナーのジムでレベルの高いプレイヤー限定でレイドバトルの試験公開が行われる。

 

発表資料

URL:http://pokemongo.nianticlabs.com/ja/post/raids

2017/06/20


▷こちらもおすすめ

いま話題のマストドン、その特徴から使い方まで

 

「ビジュアルサーチ」で欲しい素材がピンポイントで見つかる! 仕事効率が高まるメリット満載のAdobe Stock

 

WordPressでブログでなくビジネスサイトをつくろう