『トランスフォーマー/最後の騎士王』ロンドンプレミア開催、日本のファンに向けてメッセージも!

写真拡大

『トランスフォーマー/最後の騎士王』が8月4日の日本公開を控える中、現地時間18日にロケ地でもあるロンドンにてグローバルプレミアが開催された。

会場となったレスタースクエアは、世界中から集結した多くのファンで埋め尽くされた。まず舞台に登場したのは、前作より主演続投となるケイド・イェーガー役のマーク・ウォールバーグ。次いで、マイケル・ベイ監督、今作のヒロインに大抜擢された若干15歳の新鋭イザベラ・モナー、「2013年世界で最も美しい顔」にランクインしたヴィヴィアン・ウェンブリー役のローラ・ハドックが登場した。

マイケル・ベイ監督は日本のファンに向けて、「日本のファンの皆さん、いつもありがとう」と挨拶し、日本でのプレミアイベントがまだ開催されていないことに対し、「8月公開なら、(公開前に)日本に行けるかもね」とコメント。今作については、「間違いなく過去作にはない壮大な視覚的空間と成長した神話が存在している」と自信をのぞかせ、さらに「日本が舞台になることもあるかもね!」と日本のファンにはたまらない発言で会場を盛り上げた。

■『トランスフォーマー/最後の騎士王』
2017年8月4日 全国ロードショー
(C) 2017 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. (C) 2017 Hasbro. All Rights Reserved.