2PM 左からチャンソン、ジュノ、ウヨン(写真は昼公演のもの)

写真拡大

2PM 左からチャンソン、ジュノ、ウヨン(写真は昼公演のもの)

【画像】2PMウヨン、ジュノ、チャンソンのイベントの写真を一覧で見る

韓国出身の人気男性6人組グループ、2PM(トゥーピーエム)のウヨン、ジュノ、チャンソンが6月17日、東京国際フォーラム ホールAにて「『2PM WILD BEAT〜240 時間完全密着!オーストラリア疾風怒濤のバイト旅行〜【完全初回限定生産】』のブルーレイ&DVDリリース記念『2PM WILD BEAT』ファンミーティング」を開催。同イベントは、メンバー6人全員で初の海外旅行に出かけ、広大なオーストラリアの自然を舞台に、予測不能のドタバタ珍道中を繰り広げるリアル体験バラエティ番組のパッケージ化を記念したファンイベント。昼夜2回の公演が行われ、メンバーはファンとともに至福の時を過ごした。

■「今日は、何が何だかわからない感じでいきます(笑)」

満席会場。夜公演はティーザー映像からスタートし、その後、ウヨン、ジュノ、チャンソンが登場。ジュノがいきなり「おまねち(笑)」と、ドヤ顔で語ると会場は大爆笑。実は、映像の前に、MCの古家正亨氏が「さあ、お待たせいたしました!」と言おうとするも、「さあ、おまねち……」とかんでしまっていたのだ。見事な“天丼”をキメたジュノが口火を切る。「今日はコンサートじゃなくて、もっと皆さんを近くに感じられるイベントなので自由にやりたいです」と挨拶。「どのくらい自由?」とすかさず突っ込むチャンソン。「1から10と、どんどんレベルをあげていきます。今はゼロです」(ジュノ)。「じゃあ、最後のレベルでは脱ぐんだね」(ウヨン)。「(慌てながら)僕は自信がないです。まだ子供だから。(現在、チャンソンが出演中の韓国の舞台『私の愛、私の花嫁』に言及しつつ)チャンソンさんは舞台で脱ぐでしょ」と言うと、チャンソンはあっけらかんと「うん。脱ぐ脱ぐ。下も脱ぐ」発言。「ちょっと恥ずかしがって!」とツッコむシャイなジュノに、チャンソンもウヨンもニヤニヤ。最初からトップギアが入ったトークを繰り広げる様子に、「何のイベントかちっともわからない。これこそWILD BEATですね」と古家氏がコメントすると、「今日は、こんな風になにがなんだかわからない感じでいきます」(チャンソン)とメンバー自ら暴走宣言。こうして、文字通りワイルドなイベントが始まった。

■「『僕をつかまえてごらんよ』とか、僕は言っていません!」

オープニングトークで一瞬忘れかけたものの、『WILD BEAT』の第1話のダイジェスト映像が流れ、本来の目的を思い出す客席。テギョン、ニックン、Jun. Kからの「日本に行けなくてごめんなさい。3人がDVDの魅力をたくさん語ってくれると思います」という映像メッセージが流れた後、ダイジェスト映像へ。こちらでは6人がメンバー全員での初海外旅行にワクワクしつつも目的地のウルルまでの旅の費用をアルバイトをして稼がなくてはいけないとのミッションを告げられ絶句する様子や、毎日ゲームで王様を決めるというルールを聞かされた6人が仁川国際空港で初代王様決定ゲームに奮闘する様子などが映し出されていた。飾らない姿がつまった映像に本作への期待が高まる。

ダイジェスト映像終了後の最初のコーナーは“「2PM WILD BEAT」メモリアルトーク”。始めにテーマが発表され、それに関連した映像が流れてその裏話を語ってもらう、というもの。1番目のテーマは「孤独は夢を生む」でテギョンが登場。海辺でキザなトークをかましながら1人の時間を満喫するテギョンだったが、強風にあおられて傘をおちょこにしたり、顔面に傘や波の直撃を受けたりで、キメられない男の悲哀映像が流された。

これを見た3人は、「理解ができないですね」(チャンソン)、「普段はずっと愛嬌なのにね」(ウヨン)、「どんな気持ちでこんなことを言ったのか。理解できなくもないけど、かっこいいとは思えないです。ちょっと惜しい感じ(笑)。もっと演出が必要です」(ジュノ)となんとも辛辣。続く映像は、「年をとったらオーストラリアに住みたい」とのテーマで、海辺で波とたわむれるジュノ。テギョンとは違って何も話さないジュノだったが、それを補うかのように照れくさいセリフの字幕がこれでもかとつけられており、会場も苦笑モードに。これを見たジュノが「これは僕の心とは違います! 僕は海が好きで、ただ入っただけなのに。あれは演出ですよ。『僕を捕まえてごらんよ〜』とか僕は言っていません!」と弁明。

すると、ニヤニヤしたチャンソンが「素敵な映像をありがとう」と、ジュノをさらに追い込んでいた。3番目の映像は「目的は目的地に到着することではなく、全員で共有する過程や時間である」というウヨン。メンバーを率いるウヨンのキリッとした映像と表現力豊かなセリフの数々に「さすが、シンガーソングライターですね」と古家氏。それを横目に、自分の映像との扱いの差に納得がいかないジュノは口を“3”の形にとがらせる。すると「さっきの映像もジュノの魅力を感じたよ」と、実にいい顔でチャンソンがコメント。またもや会場は大爆笑だ。

4番目は「ウゴー(コアラの鳴きマネ)」というテーマ。コアラと触れ合うテギョン&チャンソンの映像が流れる。テギョンはコアラとキスするミッションをサクッと成功させるが、チャンソンは、なぜかコアラにことごとく拒否されるのだった……。古家氏が、チャンソンにコアラの鳴きマネをしてほしいお願いすると、座っていた長椅子からわざわざ降り、地べたに座り込みながら、もっさりした表情で「ウゴォォォォォ」。その熱演(怪演?)ぶりに古家氏は「今、会場に入ってきた人は、(チャンソンが)具合が悪いのかなって思いますね」とバッサリ。しかし、その芸達者ぶりには会場も「ほー」と感心しきりだった。

■「正解は……4番のウィリアム!」

次のコーナーは、“クイズ、誰がオーストラリアを一番学んだか”。これは、3人が抽選で選ばれたファンとペアを組み、3択形式で4問のオーストラリアにまつわるクイズに答えるもの。基礎的な問題となった。1問目(オーストラリアの正式名称)、2問目(クリスマスの名物料理)は、ジュノ、チャンソンのチームが正解。しかし、3問目は「空港でニックンがかぶっていた帽子の色は?」という、映像をよく見ていなければわからない問題が。ジュノは、黒、赤、白の3択から黒を選択。その理由を「ニックンは赤が好きだけど、こういう問題は反対の反対だから黒だと思う……あ、反対の反対だったら赤か(笑)」とノリツッコミし、見事正解。

最終問題になると、優勝の望みがなくなったウヨンが、「最後の問題は5点でお願いしますっ!」と言い出す始末。だが、全問正解で上機嫌のジュノはあっさりOK。ラスト問題は、“エアーズロック”と名付けた探検家の名前。ウィリアム・ロック、ウィリアム・ゴス、ウィリアム・ヘスという三択にチャンソンはドヤ顔で「……4番のウィリアム!」と、勝手に四択に増やして回答。ルール無視でやりたい放題な3人の生き生きした姿がみられたクイズコーナーは、チーム・ジュノが全問正解で優勝したのだった。

■「音楽を作る時は、“パンツ一丁”で作ります」

観客から募集した質問にメンバーが答えるコーナーへ。「海外に行く時にスーツケースの中はきちんと整理しますか? 適当に詰めますか?」という質問から。「時間をかけて考えながら詰めます。日程に合わせて、少し多めの洋服を用意します。整頓してきれいに入れます」と回答したのはウヨン。「荷造りには2時間くらい時間をかけます。でも、2時間のうち、実際は30分くらいです。僕の衣裳部屋は爆弾みたいだから(散らかっているという意味)、この部屋をいつか整理しなきゃなと思いながら、1時間半くらいぼーっとしています」とジュノが語ると、すかさずチャンソンが。「(僕は)10分です。1週間分だったら15分から20分。今回の来日は5分です。何を詰めるか考えて、チャチャッと済ませます」。キャラクターが出る回答に客席も驚きの声をあげていた。

次の質問は「最近、なににドキドキしていますか」。チャンソンは「舞台が始まる前です。緊張ではなく期待で。楽しんでやっています」。ウヨンは「音楽を作る時にドキドキします。家で、一人でダンスを踊りながら、歌いながら作ります」と答えると、ジュノが「その時の服装は?」とたずねる。「パンツだけ」とウヨンが言うと、ジュノも自分も同じなんだよ、奇遇だなあという顔で手を差し出す。二人のやりとりを見ていたチャンソンは頭を振って「二人に病院を紹介しましょうか?」とため息混じりに提案するのだった。

また、ジュノは「(自分が作曲する時は)踊るのは我慢して、座ってマイクを持って、音楽を聴きながら」と音楽に乗るポーズを交えて再現。するとチャンソンが「それをパンツだけで?」と言いながら、ジュノの名曲「キミの声」を歌い出す。「やめて! みんなが『キミの声』を聴く時に想像しちゃうでしょ、『キミの声』だけはやめて〜!」とジュノ猛抗議。勢いづいたチャンソンは矛先をウヨンに向け、「最近、何にドキドキしてるの?」と質問し、MCの古家氏そっちのけで仕切り出すのだった。

3問目の「メンバーの中の節約王と、無駄使い王は?」という質問には、ジュノが「節約王はいない」というと、チャンソンが「近くにいますよ」と、にっこにこで自らをアピール。続いて「無駄使い王は……」と、ジュノがチャンソンを指さそうとすると、「いや、それは遠くを見て」とバッサリ。ジュノ&チャンソンの漫才のオチは、「無駄使い王はニックンさん。いつも食べ物を送ってくれます」とのアイドル優等生的な回答で幕を引いた。最後の質問「2PMの中で一番ギャグのセンスがあるのは?」は、満場一致でウヨンが選ばれた。「笑いについては勉強したことはなく、持って生まれたもの。無理に笑いをとろうとはしてない」という控えめなコメントをしたウヨンだが、隣の漫才コンビに気圧され、この日は、笑いの実力がいまいち発揮できず。「この後、まだ数分あるから、がんばって」と古家氏に言われ、ドキッとした表情をするウヨンなのであった。

■「酒の世界は難しい。僕は少年で〜す」

イベントは最終コーナー、「2PM WILD BEAT」の中のルールである王様制度にちなんだ“王位争奪戦 芸人格付けワインテイスティング大会”へ。これはメンバーとファンとペアを組み、3本のワインの中から一番高いワインを当てるゲーム。ファンが香りをかぎ、3人はワインを飲んで確かめるというルールを聞いたチャンソンは「酔っぱらってもいいですか」と、やる気マンマン。かたやジュノは、「僕は弱いんです」と弱気。そんな二人を横目にウヨンは、「一番高いのはいくらですか?」と、勝敗よりも値段に興味津々。

テイスティングがスタートすると、1本目からチャンソンはワインを一口でがぶ飲み。ジュノはシブそうな顔をし、ウヨンはといえば酸っぱそうな顔。三者三様の豊かな表現方法に会場は大爆笑。肝心の回答は全チームがAを選択するも正解はBという、のっけから大波乱。そこで次は、AとCの二択で、最も安いワインを当てることに。チャンソンとウヨンチームがCで無難に正解。不正解だったジュノは「酒の世界は難しい。僕は少年で〜す」と苦し紛れのコメント発していた。このゲームのパートナーは、三人と一緒に撮影したチェキをプレゼントされていた。

見事、ゲームで勝利したウヨンとチャンソンは、敗者であるジュノにミッションを与える。「パンツを脱いで。今がテンションあげるタイミングですよね〜」(ウヨン)と最初のネタを持ち出すも、「ジュノの声が聴きたいので、歌を歌って」と司令変更。チャンソンは「7月からやるツアーの振り付けを見せて」との命令して、ジュノは7月26日に発売するソロミニアルバム『2017 S/S』からの新曲『Ice Cream』のダンスと歌を披露。「本当はツアーで見せたいんです〜」と言いながらも、ノリノリで踊っていた。

■「メンバーとの友情や絆を確認できた時間でした」

楽しい映像とトーク&ゲームのおかげで、あっという間に1時間半のイベントも終わりを迎えた。最後の挨拶で「このDVDのおかげで、今日みたいにみなさんに会うことができてうれしいです。僕ら6人の初めての旅行の番組です。個人的にいい時間でしたし、今もずっと大切な思い出で、忘れられないです。その思い出をみなさんと共有したいです。一緒に楽しんでください」(ウヨン)、「歌手としてステージに立つのは当たり前ですが、このようにみなさんとご一緒できてうれしいです。この撮影の時、僕のコンディションがあまりよくなかったのですが、6人で旅行ができるから期待したんです。アルバイトは大変だったけど、その経験が大切になりました。自由な旅行の姿なので、みなさんの考える2PMとは違うかもしれませんが、僕らの普段の姿をお見せできたと思うので、見ていただけたらうれしいです」(ジュノ)、「メンバーとのいい思い出が増えました。そして友情や絆を確認できた時間でした。カメラの前でこんなところまで見せてもいいのかなってくらい自由に撮影をしたので、楽しんでください。今日は会えてうれしかったです」(チャンソン)と、熱のこもったコメントを語ってくれた。

名残惜しそうな3人を見送った後のステージでは、『WILD BEAT』本編のエンディング映像とともに、メンバーからの「これからも2PMをよろしくお願いします」とのメッセージ映像が。と同時に、ファンにはおなじみの『Thank you』が流れるという感動的な演出に、思わず目頭が熱くなる。2時間半もの間、ドタバタ映像に抱腹絶倒トーク、そしてファン心を刺さりまくる心づくしの演出でいっ時も飽きさせることのない大満足のイベントだった。

■「このDVDが皆さんの日常の中の力と笑いになれたら嬉しい」

この日は、昼公演と夜公演の間に会見も行われた。昼公演を終えたばかりの3人は、進行役の古家正亨の案内でステージに登壇。取材陣と抽選で選ばれたファン100名が同席するというリラックスした雰囲気でイベントはスタート。

アルバイトで旅費を稼ぎながら“ウルル(エアーズロック)”を目指すというオーストラリアの旅、その撮影時の思い出を語りだす。「一番アルバイトを頑張ったのはジュノさん」とチャンソンが言うと、ジュノが「“明日のバイトはどうしよう?”、“ウルルへ行くにはお金が必要なのに、もし行けなかったら?”と毎日心配で……。余裕がなかったと思います」。それを聞いたウヨンは、「ジュノさんのように心配してくれる人がいたから、僕達もアルバイトをすることが楽しい時間になった」と続ける。すかさずチャンソンが「え? ウヨンくん、アルバイトをやってた?」。「(韓国料理の)食堂でやったよ!」(ウヨン)。3人のとぼけたやりとりに会場から笑いが漏れた。

「旅の中で自分をワイルドだと思った瞬間は?」の質問には、「王様になった時。お金をワイルドに使ったので(“本日の王様”になると、資金を自由に使える特権がある)」(ウヨン)、「みんなに“お金をセーブして!”“我慢しなさい!”“明日こうしよう”と計画をいう時だけ」(ジュノ)。しかし、チャンソンは「一度もワイルドじゃなかった……」とコメント。「メンバー全員分のジャケットを買ったテギョンさんが、一番ワイルドだったと思います」とぽつり。

「オーストラリアでデートをするとしたら?」という問いには、「フィリップ島でペンギンのパレードを見た後、ご飯を食べてウルルに行く」と3人で提案。その答えに至るまでのやりとりがワチャワチャで、彼ららしかった。「デートはやっぱり、二人でバイトすることかな」(ジュノ)、「バイトでいいの!?」(チャンソン)、「うん、二人で稼いで、二人で使う」(ジュノ)、「それがデートなの?」(チャンソン)といったコントや、「オーストラリアで食べたおいしいものは……サンドイッチ? ステーキ?」(チャンソン)、「弁当」(ジュノ)、「(韓国から持っていたインスタント食品の)白いごはんとシーチキンとキムチ」(ウヨン)と寂しい食生活の三段オチを披露するのだった。

最後の質問は「韓国に連れ帰りたくなった動物は?」。これにはウヨンはアルパカ、ジュノはカンガルー、チャンソンはコアラと解答。コアラは性格が悪いだの、ふわふわだけどちょっとニオイが(苦笑)だの、カンガルーは怖いだの、アルパカはどこにいたんだなど、お互いに茶々を入れながら答える姿は“まさに2PM”。

会見は「このDVDが皆さんの日常の中の力と笑いになれたら嬉しいです」(チャンソン)、「2PMの本当に自然な姿を見ることができるDVDだと思います。ステージ以外での僕たちの友情が感じられると思います」(ジュノ)、「僕自身も個人的に楽しみながら見ました。皆さんも僕たちの大切な思い出が入っている『2PM WILD BEAT』を楽しんでください」(ウヨン)というコメントで締めくくられた。

▼作品情報

「2PM WILD BEAT〜240時間完全密着!オーストラリア疾風怒濤のバイト旅行〜【完全初回限定生産】」Blu-ray&DVD
9月6日(水) リリース
Blu-ray ¥21,000+税 DVD ¥19,000+税
発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
公式HP:http://kandera.jp/sp/wild/
Wild Beat (C)2017 IHQ media & JYP Pictures. All Rights Reserved