スターバックスが、観光地としても有名なシカゴのマグニフィセント・マイル沿いに2019年「スターバックスの集大成」と言える店舗をオープンすると発表! コーヒー好きにとって見逃せない話題をコスモポリタン アメリカ版からお届け。

プレスリリースによると、4階建てのリザーブ・ロースタリーは「ローストにこだわった五感で楽しめるコーヒーショップ。世界各地の希少で生産量の少ないスターバックス・リザーブのコーヒー豆をローストし、店内で提供(コーヒー豆の販売もあり)」。さらに、「自慢のリザーブを使ったドリンクやカクテルなど、さまざまなスタイルのコーヒーを提供することで、生活に匠のコーヒーを届けることを目指す」とのこと。

シカゴ・リザーブ・ロースタリーは、スターバックスのメガストアとしてはアメリカ国内では3店目。発祥の地であるシアトルのリザーブ・ロースタリーはすでに人気スポットで、2018年にはニューヨークに2店目をオープンする予定だとか。そして気になる日本進出については、実は2018年に予定しているよう!

大きな麻袋に入ったエキゾチックなコーヒー豆がずらりと並ぶ夢のような空間。コーヒーにぴったりのペストリーも楽しめる。下記シアトル店のインスタ写真を見ているだけで、香ばしい香りが漂ってきそう!?

#starbucks #reserve #starbucksreserveroastery #seattle

A post shared by J's records (@jecords) on

Whiskey Barrel Aged Cold Brew 🥃 @ Wonka World 🦄🙌🏻🚀 #StarbucksReserveRoastery

A post shared by Dimitri C. Tishlias (@dimitri.tish) on

To everything there is a season. With love we serve. #starbucksreserveroastery

A post shared by ANDREW FIERCE (@andrewfierce) on

もうこれはコーヒー好きの聖地!

Open #coffeebean #roasting lab #starbucks #seattlereserveroastery #seattlestarbucks

A post shared by 2JA (@hoon812) on

他の海外進出については、2017年に上海、2018年にはミラノにもオープン予定だとか。待ち遠しい!

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Rubicon Solutions, Inc

COSMOPOLITAN US