ウィリアム・フィクトナー Photo by Greg Doherty/Getty Images

写真拡大

 「ヒート」「アルマゲドン」「ダークナイト」「エリジウム」などで知られる名脇役ウィリアム・フィクトナーが、新作「Cold Brook(原題)」で長編初メガホンをとることがわかった。

 米Deadlineによれば、本作はフィクトナーと「ブラックホーク・ダウン」で共演したキム・コーツ、「LOST」のハロルド・ペリノーが出演。田舎町に住む2人の平凡な男が体験する壮大な冒険を描く物語だという。脚本はフィクトナーとケイン・デボアが共同で手がけており、コーツ主演を念頭に執筆したそうだ。

 「Cold Brook」の撮影は今夏、米ニューヨーク州バッファロー、コートランド郡で行われる。