岡村隆史(ナインティナイン)

写真拡大

19日放送の「なるみ・岡村の過ぎるTV」(朝日放送)で、岡村隆史が最後に映画デートしたのが約30年前だとわかり、スタジオの面々が騒然となった。

番組では「雨の日でも楽しめるデートスポット」について、大阪人100人に聞き込み調査した。「映画館」「自宅デート」や「水族館」など、VTRでさまざまな意見が出るなか、スタジオの岡村は自身のデート経験を告白した。

岡村は高校生のとき、クリスマス・イブに女性と映画館へ出かけたという。しかしそれ以降の約30年間、映画館デートをした覚えがなく、岡村も改めて「(大人になって)女性と映画見にいったことない……」とこぼすと、なるみも「30年前の話禁止にせえへん?」と呆れ返っていた。

その証言にスタジオの面々が息を呑む中、岡村は「『星の王子 ニューヨークへ行く』。あれ見に行った」と映画名を明かす。岡村の口から飛び出したのがまさかの1988年公開の映画であったことに、スタジオは大爆笑。なるみも「めちゃくちゃ古い!」と叫び声を上げた。

岡村は当時を振り返り「手つなげたんや。混んでたから。『席取らな』ってパッと」「ドキドキした」と振り返っていた。

【関連記事】
岡村隆史が妹の結婚式で見せた男気 福山雅治にお祝いVTRをお願い
岡村隆史がデート内容を非難されて逆ギレ「クソみたいな世の中」
ナインティナインの岡村隆史の貯金額は10億円? 専門家が予想