「Zen Brush 2」

株式会社ピー・ソフトハウスは、ドローソフト「Zen Brush 2」のWindowsユニバーサルアプリ版を発売。Windowsストアにて、世界配信を開始した。「Zen Brush 2」は力強く美しい和筆の質感にこだわったドローアプリ。“禅”を感じさせるシンプルかつ直感的なUIで、画面上での書道や水墨画を手軽に楽しむことができる。価格は900円(2017年6月20日時点での税込価格)。本アプリは、リアルな水墨シミュレーションが特徴で、和筆を3Dモデルでシミュレートした描画システムを搭載している。ストロークは 指やペンの動きによって変化し、本物の和筆さながらの奥深い表現に対応。墨の濃淡や滲み度合いはそれぞれ3種類から選択でき、和紙に墨がじわじわと染みていくような水墨画ならではの複雑な表現も楽しめる。和紙や古紙、和柄など、92種類の背景スタイルテンプレートを活用して作品を仕上げることも可能だ。なお、今回登場したWindowsユニバーサルアプリ版では、「Surface Dial」や傾きに対応した新しい「Surfaceペン」もサポートされた。画像の保存形式はJPEG / PNG / 透明PNG(背景なし)。OSはWindows 10 Anniversary Edition以降に対応している。

「Zen Brush 2」操作画面

株式会社ピー・ソフトハウス
価格:900円(2017年6月20日時点での価格)
URL:http://psoftmobile.net/jp/zenbrush2-win.html
2017/06/20
▷こちらもおすすめ

あっ!と驚くAdobeのツール系 スマホアプリ【まとめ編】

 

ZBrushフィギュア制作の教科書

 

プレゼンだけでなく、コンセプトづくりのアイデアも。ブランディングの現場を支える「Adobe Stock」の魅力