「コクヨデザインアワード2017」

コクヨ株式会社は、デザインコンペティション「コクヨデザインアワード2017」を開催中。2017年8月31日(木)の日本時間12:00まで、作品の応募を受け付けている。使う人の視点で優れたデザインを広く一般ユーザーから募集し、商品化を目指す企画。今回は「NEW STORY」をテーマに、「働く」「学ぶ」「暮らす」シーンにおける新しいストーリーを描く作品が募集されている。本コンペティションの募集対象は、文房具、家具、生活用品など。2002年の創設以来、今回で15回目(2010年開催のみ休止)の開催となり、これまでには受賞作品の中から「カドケシ」「キャンパスノート<パラクルノ>」「和ごむ」「なまえのないえのぐ」などの商品が誕生している。応募者の国籍は日本を含めて44カ国に及び、2016年には1307点の応募件数があった。今年は、モノが溢れる時代の中でも新鮮で、新しいジャンルを確立していけるような力を持った作品が求められている。なお、本コンペティションは、今回からWebからの応募のみの受付となった。審査員は、植原亮輔氏 / 川村真司氏 / 佐藤オオキ氏 / 鈴木康広氏 / 渡邉良重氏 / 黒田章裕氏(コクヨ株式会社 代表取締役会長)が務める。審査発表は2018年1月18日(木)の予定で、グランプリ(1点)に200万円、優秀賞(3点)に各50万円と、副賞の賞金の額が大きいことも魅力。応募作品は国内外未発表のものに限られ、点数制限は設けられていない。

商品化事例(2002年優秀賞受賞の「カドケシ」)

■応募締切:
2017年8月31日(木)12:00

■応募資格:
不問
※2018年1月18日(木)に東京で開催される「最終審査(2次審査)」でプレゼンテーションできることが必要

■賞:
グランプリ(200万円)
ほか

■問い合わせ先:
コクヨデザインアワード事務局
url. http://www.kokuyo.co.jp/award/
▷こちらもおすすめ

あっ!と驚くAdobeのツール系 スマホアプリ【まとめ編】

 

ZBrushフィギュア制作の教科書

 

プレゼンだけでなく、コンセプトづくりのアイデアも。ブランディングの現場を支える「Adobe Stock」の魅力