"自己啓発本"を読んでも啓発されない人々

写真拡大

人気の自己啓発本。ページをめくるごとに目からウロコと感動したはいいものの、自分では「実践」できない。そんなありがちなパターンにならないための正しい「読み方」とは。

■なぜ、『7つの習慣』を読んでも習慣化できないのか?

1989年に発行されたスティーブン・R・コヴィーの『7つの習慣』(キングベアー出版)は「自己啓発本」の名著のひとつです。販売部数はマンガ版を含めると国内で200万部近く。私も愛読者のひとりで、同書の1つの言葉を座右の銘にしています。

「生まれる前より、より良い世界にしてこの世を去る」

余韻のある言葉です。とても良質な本ですし、これほど普遍的・本質的な人生成功哲学本はありません。ただ、同書は500ページ以上あるので、最後まで読み切ったという人は案外少ないかもしれません。また、実際に「習慣化できた」という人はどれほどいるでしょうか。

今回は習慣化コンサルタントとして、なぜ、7つの習慣が習慣化できないのか? というテーマで考察してみたいと思います。

▼「7つの習慣」は生き方の習慣

『7つの習慣』は、次の7つの章立てで構成されています。

習慣1:主体性を発揮する
習慣2:目的を持って始める
習慣3:重要事項を優先する
習慣4:winwinで考える
習慣5:理解して理解される
習慣6:相乗効果を発揮する
習慣7:刃を研ぐ

一方、私自身は、習慣というものを次の3つに定義しています。

(1)行動習慣……日記、片づけ、家計簿など 
  習慣化するのに必要な期間1カ月
(2)身体習慣……禁煙・禁酒・ジョギングなど 
  習慣化するのに必要な期間3カ月
(3)思考習慣……ポジティブ思考、論理的思考など 
  習慣化するのに必要な期間6カ月

先ほどのコヴィーの『7つの習慣』の項目を見ると、全体的に私の定義する習慣の(3)思考習慣に該当しそうですが、実際によく読むとちょっと違います。『7つの習慣』は、ネガティブ思考からポジティブ思考への切り替えといった、よりよい思考習慣のススメというより、「7つの生き方・心の姿勢」を貫いていこうという提案が主です。具体的に見ていきましょう。

■コヴィーの教えに感動したけれど実践はしない人たち

たとえば、「習慣1:主体性を発揮する」。

この章は、仕事であれプライベートであれ、自分がコントロールできること・できないことを区別し、自分が何か影響を与えられるできることに集中しようという考えを述べています。

顧客に営業活動を行った結果、受注できるかどうか。その決定権は顧客側にあります。相手の領域なので自分ではコントロールできません。でも、どのような提案をするかは自分の領域です。この領域を明確に区別して最善の努力をすることを奨励しています。

では、「私は仕事で主体的に行動しています!」という人は、この「習慣1」を実践できていると言えるでしょうか。答えは、ノーです。

コヴィーは、仕事の環境、人間関係、突然の出来事など、人生で突如降りかかるあらゆる問題やトラブルに対して、「コントロール不能」の領域には固執せず、自分の"影響の輪"に集中するというマインドを保ち続けることが重要であると説いています。

多くの人はコヴィーの教えに「なるほど」と思うはずです。しかし、実際には教え通りにはできません。

頭では理解しても、心では理解していないのか?

その典型例は「日々の残業が減らない」というテーマで考えればよくわかります。「長時間残業を奨励する風土がわが社にあるせいだ」「上司が遅くまで残っているせいだ」「そもそも仕事量が多いからだ」……。そうやって被害者の立場で考える人が多いのではないでしょうか。

会社の社風や上司はどうであれ、自分の段取り・時間活用の工夫をすることで、自分のできる範囲で30分でも残業を減らしていこう、効率を少しでも良くしていこう。そうした行動がいわばコヴィー流なのです。

また、部下が育たないと嘆く上司は多いものですが、「では、どう育成を工夫していますか?」と聞くと、ほとんどの人が言葉に詰まってしまいます。嘆くことに終始し、あまり対策を考えていないのです。自分がコントロール可能な領域に真摯に取り組まず、コントロール不可能な領域(例:部下が育たないこと)のことについて思い悩んでいるのです。それは、エネルギーと時間の浪費と言わざるをえないでしょう。

一般的に「習慣」というと、早寝早起き、禁煙禁酒、1日30分以上の運動といった特定の行動をイメージしがちです。しかし、コヴィーが語る習慣は個別案件のことではなく、まさに「心のあり方」「気持ちの持ち方」レベルに昇華できるかどうかがポイントになります。

あり方に昇華させる。これは相当に難易度の高い取り組みです。しかし、もしそれを実現できたなら、その"効果"は自分の人生全体に及ぶ、劇的な変化をもたらすことは間違いありません。
 

■頭でわかり→体でわかり→腹でわかる。これを繰り返すべし

『7つの習慣』を読むとさまざまな発見や気づきがあります。しかし、それは一読しただけでは頭でなんとなくわかったというレベル。『7つの習慣』を本当に自分のものにするためには、「知得・体得・感得」を繰り返していくことが重要です。

知得(頭でわかる)/本を読む
体得(体でわかる)/日常で実践する
感得(腹でわかる)/内省して気づく

これらを何度も繰り返して、コヴィーの言う「習慣」が身に付くのです。

このプロセスは農業で言えば、肥沃な大地をつくるのに近いと思います。農業において土作りが収穫の土台であるように、人生においても心の姿勢が重要です。『7つの習慣』は心を耕し、水や肥料を与えてくれるのです。

日常生活の中で起こる、ややこしい人間関係に巻き込まれながらも、コヴィーの教えを自分なりに実践したり反芻したりして知得・体得・感得を繰り返すことで、そのエッセンスが血肉化していきます。

論語読みの論語知らずは『7つの習慣』読者にもいる

「論語読みの論語知らず」という言葉があります。論語を読んでいても頭で理解しているだけで、生き方に反映されていない、という意味です。『7つの習慣』読者にも似た傾向を感じることがあります。多くの場合、論理的な理解(頭だけの理解)で止まってしまいがちです。

コヴィーは「習慣2:目的を持って始める」において、「ミッションステートメントを何度も書き直す」という行動習慣をすすめています。

この何度も書き直すという行為が、その人の肥沃な土地づくりの第一歩となるのです。また、『7つの習慣』を頭の理解だけで終わらせない具体的なアクションとなるのです。

■「腹に落ちる言葉」を見つけるまでに7年もかかった

ちなみに、私も、練りに練って自分のミッションを作り上げました。

<クライアントに「人生が変わった!」という体験と感動をしてもらう>

習慣化のサポートを通じて、国内外のビジネスパーソンなどに「人生が変わった」という体験をしてほしい。私の仕事の目的は、この一点に集約されます。

このミッション=「腹に落ちる言葉」を見つけるまで7年もかかりました。似た言葉・表現はいくらでもありましたが、心の底から納得できる言葉は簡単に見つけられませんでした。

7年前、徒手空拳で事業を始め、試行錯誤をしながら、絶えず自らに問い続け、その時点での自分のミッションを考え人に伝えるものの、なかなかしっくりこない。私が自分のミッションを発見するきっかけとなったのは、読者の声でした。私の著作の読者から、ある講演会でこう言われたのです。

「古川さんの『30日で人生を変える 「続ける」習慣』(日本実業出版刊)を読んで人生が変わりました!」

それを聞いた瞬間、私の頭の中のもやもやはウソのようにクリアになったのです。

「そうか。人生が変わった! という感動を1人でも多くの人と共有できたら最高だ!」

数年間、もがきにもがいた結果の、私だけのミッションです。試行錯誤のわりには、すごくシンプルなミッションですが、この中には私のいろんな気持ちが込められています。

自己啓発本を一回読んで、それで終わりにする人

考えてみれば、このミッションを見つけ出すプロセスは、論語を繰り返し読み、実践して、人生のあらゆるレベルでその知恵を浸透させていく古典の味わい方、身につけ方に似ていると思いました。

『7つの習慣』は、まだ古典とまでは言えませんが「生き方・心の姿勢」の習慣なので、人生の途中で何かに迷ったり困ったりしたときに立ち戻れるバイブルです。

世の中には『7つの習慣』だけでなく、自己啓発関連の本を一回読んで、それで終わりにする人が少なくありません。さっと速読して、本の内容をわかった気になる。概要はつかめるかもしれませんが、それではもったいないです。

定期的に再読・精読し、その哲学に触れる頻度を高めたり、同じような志の仲間と意見交換したりしてもいいでしょう。

(習慣化コンサルタント 古川 武士)