今秋の発表が予想されているiPhone 8は、本体の色が「ブラック」のみになるかもしれません。

iPhone 8の画面に受話口・FaceTimeカメラがはみ出る

先日流出した部品や、iPhone 8の設計に基づいて制作されたとみられる保護ガラスによれば、iPhone 8の画面上部に受話口・センサー・FaceTimeカメラがはみ出ます。

その両脇は空いていて、画面になるようです。左に電波レベル、右にバッテリー残量を表示すると予想されています。

これは画面を大型化するための設計と考えられていますが、このままだとはみ出た部分が目立ってしまいます。そこでiPhone 8の画面上部には黒帯を表示させ、はみ出た部分との一体感を演出するのではないか、とニュースサイト『Mac Rumors』は推測しています。

iPhone 8の有機ELは「黒」が省エネ

iPhone 8は液晶と異なる、有機ELディスプレイを搭載すると噂されています。有機ELは黒を表現するときにその部分を発光させないので、よりリアルな黒になります。液晶でも黒は表現できますが、発光するので白っぽく見えることがあります。

表現が豊かになる点も有機ELのメリットですが、黒を多用すれば発光させずに済むので消費電力を減らせる点もメリットです。

もし画面上部に黒帯を表示すれば、電波レベルやバッテリー残量を表示しながら消費電力を極力減らせます。しかも、はみ出た受話口やFaceTimeカメラとの一体感も生まれ、画面の大型化も達成できます。

iPhone 8の本体色はブラックのみ?

いずれも推測ですが、これまでご紹介した理由から画面との一体感を高めるために、iPhone 8の本体色はブラックのみになる、と考えることもできます。

iPhone 8の部品とされるものも、今のところは黒色のものしか登場していません。カラーバリエーションに関する有力な情報も現時点ではないようです。

とはいえ、受話口やFaceTimeカメラのエリアだけ黒くするとか、画面上部に白帯を表示するといった対処法も考えられるので、本体色にホワイトが登場する可能性もあります。

参考

Leaked iPhone 8 Screen Protector Includes Reduced Bezels and Front-Facing Camera Cutout - Mac Rumors@VenyaGeskin1 - Twitter