山登りこと始め 山ガールの必携アイテム 「レインウエア」

写真拡大

一年中必携! 山ガールのレインウエア

登山を始める時、必ず必要になる「レインウエア」。といっても傘や長靴のことではありません。山の天気は変わりやすい。山で雨が降ってきたら両手が空いて、雨から体を守ることのできるレインウエアを着用するのが普通です。では、どんなものを選べばいいのでしょうか?

 

Q1.「ゴアテックス」ってよく聞くけどどんな素材なの?

A. 多くのブランドが認める「防水透湿素材」の代表格です。

「ゴアテックス」は防水透湿素材の一種。ミクロレベルの穴が空いた薄い膜(メンブレン)の働きで、水は通さず水蒸気だけを通して、防水なのに内側はムレないのが特徴です。優れた機能には定評があり、多くのメーカーに採用されています。メンブレンに貼り付ける生地の厚さや素材、貼り付け方によって機能や仕上がりに違いがあり、ゴアテックスにも用途に応じていろいろな種類があることを覚えておきましょう。ゴアテックスを使用した製品には、修理、交換などの補償が受けられる黒のタグが付けられています。

Q2.どんなところに注意して選べばいい?

A. 使い方に合った素材を選ぶのがポイント。機能不足やオーバースペックに気をつけて。

風雨の中、長時間着て歩く可能性のある登山には、透湿性が高いものがおすすめ。軽量モデルは持ち運びがしやすい反面、一般的に高価なものが多く、耐久性はあまり高くありません。キャンプや短時間のハイキング中心で使うなら、価格や使い勝手で選んでもいいでしょう。耐久性と軽量性、価格などのバランスを考えて、自分の使い方で優先順位が高いのは何かを判断します。

運動量の多いクライミングやトレラン用に作られたハイスペックモデルには、透湿性が高すぎて保温力が低く、普通の山歩きでは使いにくいものもあるので注意が必要。

また、素材以外の防水仕様にも注目。ファスナー部分からの浸水は、止水ファスナーや雨よけのフラップでガードされています。実際に触れて使い勝手を確認しておきましょう。

 

Q3. 防水透湿素材ってゴアテックスだけなの?

A.他にも優れた素材はいろいろ。メーカーも独自開発をしています。

ひと昔前は防水透湿素材=ゴアテックスと言われていましたが、最近では独自のコンセプトで開発された優れた素材が増えています。アウトドアメーカーが独自に開発した素材は、比較的価格が安く抑えられていることも。性能や特徴を比較してアイテム選びの参考にしましょう。

 

Q4.上下セットじゃなくてもいいの?

A. セットにもバラにも、それぞれいいところがあります。

初めて買うなら、選びやすく格安でコーディネートにも悩まない上下セットがおすすめ。体形に合わせて上下で違うサイズが選びたい、どちらかが先に傷んでしまったなどという場合などには、バラで購入できるものが便利です。

レインウエアをいう名前がついていなくても、防水透湿性を備えるアイテムはたくさんあります。素材の特性や形など多くの種類があるので、ショップなどでいつ、どこで使いたいのかを伝えて相談してみましょう。

雨も自然の一部。安全に楽しく登山を楽しんでください。

 

ライター:幸 雅子
出典:『ランドネ』No.87「山ウエアを選ぶ方法」