【詳細】他の写真はこちら

スマートな暮らしというと、持ち物を極限まで減らさないといけないと思っていませんか? 実はそんなことはありません。今の生活のままインテリアを整える方法を、人気インテリアスタイリストの窪川勝哉さんに聞いてみました。どれも、すぐに実践できそうなアイデアばかりですよ。

窪川勝哉/インテリアスタイリスト。インテリアから家電までプロダクト全般に造詣が深いインテリアスタイリスト。雑誌やTVのスタイリングだけでなく、マンションのモデルルームやイベントなども手がける。

目が行きがちな本棚をスッキリ見せる

本棚はインテリアの雰囲気を壊しがちな存在。一般的な書籍の表紙はカラフルで大きさもバラバラ、かつ文字は人の目を引き寄せるので、どうしてもうるさい印象を与えてしまう。また、どんな本を読んでいるかを見られるのは気恥ずかしいものだ。

本棚にカーテンを付ける



もっともシンプルな解決方法は、本棚にカーテンを取り付けること。普段は閉めておけば、本にホコリが溜まることも防げる。



マステで背表紙のトーンを揃える



カーテンの代わりに、窓などに使われるロールスクリーンでもいいだろう。「また、背表紙にマステ(マスキングテープ)を貼れば、文字が目立たなくなり、同じトーンで揃えることができます」



文/小口覺

※『デジモノステーション』2017年7月号より抜粋