漆塗りスピーカーのハイレゾ再生システム、クリプトン「KS-9Multi-U」

写真拡大

 一見、何の脈絡もないスピーカーと漆だが、実はこの漆が音質アップにも効果があるという。オーディオのクリプトン(東京)は、パワーアンプやハイレゾ対応のオーディオインターフェイスを内蔵したオールインワン・オーディオシステム、KS-9Multi-Uを6月21日に発売する。スピーカー部のコスメティックが会津塗の赤玉虫色という渋い仕上げ。

 ベースのKS-9Multiは、ハイレゾ音源のDSDやリニアPCMの主要フォーマットはもちろん、MQAという注目の新方式にもいち早く対応した、いわばハイレゾ音源を再生するためにつくられたシステム。さまざまなデジタル信号に対応するためのインターフェイスからアンプ出力までを一貫して行う独自のフルデジタルアンプなど、高度な設計でつくられている。

 今回、これまで困難とされてきた、金属(アルミ)表面に新技術を使って漆塗りを行っている。漆を塗るとアルミの不要な鳴きが抑えられ、艶のある音になるのだそうだ。また、振動を抑える効果が高いカーボンマトリックスを使った付属ベース(置台)が、グリルは西陣織の特別仕様となる。

 この“漆バージョン”のKS-9。価格は39万8,000円(税別)で限定販売。アンプ出力40W+40W、ハイレゾを聴くためのPC(USB)入力、HDMI入力、ふつうのオーディオ機器もつなげるアナログ入力を装備。サイズはスピーカー1基で、幅130×高さ200×奥行170mm、重さ約3kg。