深夜の“ジョニー・デップお出迎え”に1000人

写真拡大

俳優のジョニー・デップが6月20日、主演作「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」(7月1日公開)のプロモーションのため、約7か月ぶり、13度目の来日を果たした。

深夜0時頃、羽田空港に降り立ったジョニーは、黒のジャケットにデニムのパンツ、サングラスとトレードマークの帽子を被った姿で到着ゲートへ。

彼の姿が見えるやいなや、到着ロビーは一気に黄色い声援に包まれた。遅い時間にもかかわらず、ジャック・スパロウに扮した人や手作りのウェルカム・ボードなどを持参する人など、ゲートには約1,000人ほどのファンが詰めかけ、ジョニーの根強い人気ぶりを感じさせる盛大なお出迎えに。

丁寧なファンサービスでも有名なジョニーは、この日も長旅の疲れも感じさせない、素敵な笑顔を見せながら1人1人に握手するなど“神対応”をしていた。

キャプテン・ジャック・スパロウとしての久しぶりの来日に「いつも日本に帰ってくることは嬉しく思っているよ。それがどんなキャラクターであっても、いつもとても嬉しいんだ。でもキャプテン・ジャックはユーモアな部分が日本のみんなに特に受け入れられたようだね」と微笑んだ。

また最後には「私を再び招待してくれてありがとう、とても嬉しいよ!劇場で会いましょう!」とファンに向けてメッセージを残し、声援止まぬ中、空港ロビーを後にした。