いまや大学生の2.6人に1人が利用する奨学金。だが返済に追い詰められる例が急増している。高利貸しと化したそのシステムが、日本の未来を食い潰しているとしたら。

ブラック企業』の著者である今野晴貴さんは、返済が及ぼす問題にいち早く取り組み、警鐘を鳴らしてきた。このたび、『ブラック奨学金』としてまとめられた内容からは、日本に広がる異様な状況が読み取れる。同書より、奨学金をとりまく実情を俯瞰し、解説していただいた。

◆◆◆

法的措置、年間8000件超の衝撃


『ブラック奨学金』(今野晴貴 著)

 突然、身に覚えのない多額の借金の請求書が自宅に届く――。今、全国各地でこんなことが相次いでいる。奨学金を借りた若者たちが返済に行き詰まり、その保証人になった人が日本学生支援機構(JASSO)に訴えられるケースが続発しているのだ。

 長引く不況や雇用情勢の悪化から、奨学金を借りる学生は増加し続け、1998年度には約50万人だったが、2013年度には144万人へと、わずか15年で3倍近くに伸びている。いまや大学・短大生の約4割が奨学金を利用しており、1人あたりの合計借入金額の平均は、無利子の場合で236万円、有利子の場合は343万円にものぼる(2015年度)。新社会人になった若者の約4割がこれほどの借金を背負って社会に出て行く。

 日本の奨学金はそのほとんどが貸与型であり、しかもその過半数が有利子での貸し付けだ。借入時には親族が連帯保証人及び保証人になることが一般的である。借りた本人が返済できない場合、請求は保証人に及ぶ。両親はもとより、祖父、祖母、おじ、おばにまで請求がいくこともまったく珍しくはない。

 奨学金返済の延滞者に対し、2015年度に執られた法的措置は、なんと8713件にも及ぶ。これは、たった1年間の間に執られた件数である。2006年には1181件にすぎなかった法的措置が、2009年以降爆発的に増加し、高止まりしているのだ。

非正規雇用激増とブラック企業が原因

 その背景には、大学を卒業しても奨学金を返済することができない若者が急増していること、そして、奨学金の貸主であるJASSOが取り立てを強化していることがある。

 今日、非正規雇用の割合は3割を超え、大学新卒も、契約社員や派遣社員として「就職」することは普通になってしまった。非正規雇用の場合、正社員とは異なって将来的な昇給がほとんど見込めず、雇用も不安定になる。その上、住宅手当などの企業福祉の恩恵からも除外されてしまう。

 また、最近では「ブラック企業」の存在も大きな社会問題になっている。ブラック企業では、若者は正社員として採用される一方で、長時間・低賃金労働を際限なく要求され、うつ病になるまで追い詰められる。

 非正規雇用の割合が4割近く。残りの約6割の内、「ブラック企業」がまた相当な割合を占めているのでは、返済もままならない若者が大量に発生しても不思議ではない。


©iStock.com

「サラ金」にも似た高額請求が降りかかる!

 私はNPO法人POSSEの代表を務め、これまで200件以上の奨学金返済の相談に関わってきた。

 相談の中から見えてくることは、若者の返済能力が乏しくなる一方で、JASSOの取り立てが苛烈になっている事実だ。病気で働けない場合や低賃金で支払えない若者にも、容赦なく請求が及ぶ。そして、本人に支払い能力がないと判断するや、即座に連帯保証人、保証人に請求が及ぶのだ。


 

 実際に、奨学金返済に関する相談は本人以外の家族・親類からも多数寄せられている。例えば、「甥が返済していない奨学金の請求が突然数百万円も来たが、本人とは連絡も取れない」といった相談だ。さらには、相談者の「いとこ」の延滞金が、保証人である自分の母親のところに請求されている、といった話もある。

 しかも、たいがいそれは「巨額の請求」になる。返済が滞り、滞納が9か月を超えて続くと、JASSOは延滞分の金額だけではなく、借り手が将来返済する予定の金額(元本および利子)も含めて、裁判所を通じて「一括請求」を行うからだ。そのため、400万円、500万円といった莫大な請求が、突如、親類に及ぶことになる。

 また、それらにかかる「延滞金」は年利5%が、全額に付加される。「延滞金」は、訴訟が提起され、本人が自己破産し、保証人に請求が行くまでに膨大に膨れあがっている。まるで、かつての消費者金融被害のような様相を呈しているのだ。

追い詰められた保証人


今野晴貴さん

 典型的な事例を挙げよう。

 北関東の小さな街で生活する専業主婦のAさんは、会社員の夫と娘の3人暮らし。夫の退職後は月20万円以上になる年金で、2人ほそぼそと暮らしていく予定だった。

 そんなAさんのもとに、ある日突然、JASSOから一通の外三つ折りのはがきが届いた。はがきを開いてみると、「金額」の欄に元本103,341円、延滞金674円の合計104,015円という数字が書かれていた。

 どうやら甥が奨学金を借りたが返済していないということのようだった。さらに、義理の兄の名前が連帯保証人として記載されており、その下に、本人にも連帯保証人にもJASSOが連絡を取れていないことが明記されていた。

 甥は、東京の私立学校に進学するために4年間で総額450万円をJASSOから借りた。450万円の借入に対して年間1.4%の利息が付くため、返済総額は496万円。甥は今年の4月までの6年ほどは予定通り返済していたようで、すでに138万円を返済しており残りは358万円だ。しかし今年5月から返済がストップしており、ボーナス払いの月と延滞金を含めた104,015円が延滞になっている。

 そして現状では甥とも連帯保証人の父親とも連絡が取れないため、保証人である叔母のAさんに通知を送ったようなのだ。Aさんは不安を募らせた。

「連絡が取れない」ということは、もしこのまま甥や義理の兄が返済を怠ったとしたら、自分に全額請求されてしまう。延滞金も雪だるま式に増えていき、自分のところに請求が来る際には400万円を超える可能性があった。前述したように、滞納が9か月を超えて続くと、JASSOは将来の返済額を含めて全額を一括請求してくる。しかも、支払えない場合には、この「全額」に対して延滞金が年間5%の利率で発生するからだ。

「自己破産」の4文字がAさんの脳裏をよぎった。

 Aさんは、まだJASSOから請求が届いていることを夫には伝えられていない。夫に伝えることで関係が悪化するのを避けたいからだ。一方で、待っていても当人たちが解決してくれる希望もない。

 つまり、このままでは本人も連帯保証人も支払うことなく、Aさんに甥が借りた奨学金を全額請求される可能性が非常に高い。現時点ではまだ数百円程度しか延滞金が付いていないものの、延滞が9か月を超えれば、350万円余りの一括請求が甥に行き、これを支払えないと義理の兄、そしてAさんと請求が連鎖していく。その間にも360万円弱全額に延滞金年利5%が発生していくため、自分に降りかかるまでにどのくらいまで膨れ上がっているか、想像もできない。

 しかしAさんが支払いたくとも収入がなく、夫に話をすることもできない。請求された場合、離婚して自己破産するか、夫に払ってもらうかしかない。

「ブラック奨学金」は、いまや日本の喫緊の課題

『ブラック奨学金』では、本来は将来性ある若者を育てるための奨学金が「借金地獄」になってしまっている実態を、膨大な相談事例から明らかにした。実際の裁判の様子も調査し、具体的にどのように「取り立て」が行われているのか、生々しい事例も豊富に紹介している。

 また、海外の奨学金制度についても詳しく紹介した。それらと比較することで、日本の奨学金制度がいかに「異様」であるのかを理解できるだろう。端的に言って、日本の奨学金制度は学生を「食い物」にする仕組みになっており、民間の金融機関の“優良投資先”になっているのである。日本の将来を担う学生を「食い物」にする奨学金制度は、国家の政策として支離滅裂であるといわざるを得ない。


 

 一方で、政府は新しい制度として、返済の義務が免除された「給付型奨学金」制度の創設を予定している。また、企業や自治体による民間奨学金の制度も増えてきた。現在の高校生やその親御さんにとっては、こうした制度に期待するところもあるだろう。もちろん、これらの新しい制度を賢く使うことは重要である。

 だが、本書では、これらの制度にも大きな危険が潜んでいることを警告した。例えば、政府の「給付型奨学金」は、成績が落ちると返済を迫られることになっている。しかも、返済できない場合には、やはり訴訟で回収するというのである。また、民間の助成金についても取材活動を行ったが、会社を辞めた際に返還請求されるなど、リスクが高い実情が見えてきた。


 

悩める学生や親も必読!

 さらに、すでに返済が難しくなってしまった場合、借りた本人が自己破産してしまい親族に請求が来た場合に、どのように対処すればよいのかも本書に詳しく載せておいた。

 奨学金返済訴訟は決して他人事ではない。自分自身が保証人になっていなくとも、親、配偶者など、親族の誰かが背負っていることもある。また、保証人の奨学金債務は相続によって自分自身に降りかかることもある。奨学金返済問題は、非常に多くの人に関わるのだ。

 最後に、本書では学費や奨学金制度の実情や国際比較を通じ、あるべき制度についても提案している。

 高校生本人、子供を持つ親、孫や甥・姪に学生がいる方々に、ぜひ本書を手に取ってもらいたい。奨学金の危険性と対処法を知り、リスクを最小限に抑えてもらいたいのだ。そして、多くの方に日本の学費政策の問題を知ってもらうことで、一日も早い制度改革に結び付くことを願っている。

こんの はるき
1983年、宮城県生まれ。NPO法人POSSE代表。一橋大学大学院社会学研究科博士課程在籍(社会政策、労働社会学)。著書『ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪』(文春新書)で大佛次郎論壇賞受賞。2006年、中央大学法学部在籍中に、都内の大学生・若手社会人を中心にNPO法人POSSEを設立。年間2000件の労働相談に関わっている。ブラック企業対策プロジェクト共同代表もつとめる。著書に『ブラックバイト 学生が危ない』(岩波新書)、『ブラック企業2 「虐待型管理」の真相』(文春新書)ほか多数。

(今野 晴貴)