2016年11月HOSPEX会場にて、ソレノイドを手にするタカハの取締役執行役員・大久保千穂さん(左)


 日本が誇るメカトロニクスの技術を生かして医療分野へ参入し、面白い製品を生み出している企業を2社、前回はご紹介した。まさに医工連携は日本の未来にとって宝の山とも言える分野である。

 今回は、やはり日本が得意とするアクチュエーターで医療分野を攻めようとしている企業を紹介する。在庫は減らすのではなく、生かすというユニークな経営を実践している企業でもある。

 自動販売機のコイン制御やレジの開閉などに使われる駆動部品を製造・販売しているタカハ機工(福岡県飯塚市)。

 この典型的なもの作り企業が、ある病院から持ち込まれたニーズに対応しようと、初の医療もの作りに挑戦している。従業員の意欲を高めるようになったこの社ならではの発想や取り組みを紹介する。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

病院の点滴管理に、自販機の部品を使うアイデア

 「モーターと同じくらいの認知を得たいのです」と話すのは、タカハ機工の取締役執行役員を務める大久保千穂さん。彼女が世に知ってほしいと願うのは、同社のソレノイドと呼ばれる部品である。

 ソレノイド(solenoid)は、筒状の形を意味することから名づけられた製造業界ではお馴染みの部品。モーターと同じように電気エネルギーを機械運動に変換する装置、アクチュエーターだ。

 モーターが回転運動なのに対し、ソレノイドは筒状に巻かれた銅線に電流を流すと、筒の中の鉄の芯棒が直進運動をする。押すか引くかの1方向の動作をするものが主流で、元に戻すためにバネが装着されているものもある。

 最近、大手コンビニエンスストアやスーパーでは自動釣り銭レジが登場し、お金を入れたキャッシャーが手前に飛び出す光景をあまりみかけなくなった。しかし、一般の商店などで普及している昔ながらの手動レジにはキャッシャーを引き出すために欠かせない部品だ。

 支払い時、お金を受け取ったレジの店員がボタンを押すと、キャッシャーが開く。お釣りを渡した後に手で押し戻すまで、開放されたままになる。この動作をするのがソレノイドだ。

 自動販売機内のコインの移動などにも使われるが、外からは見えない部品だけに、一般にはあまり知られていない。

 そのソレノイドを使って、タカハが製造に挑戦しているのは、病院で患者さんの点滴をセンサーの信号を受けて自動的に止める「流体ストッパー」。

 看護師が点滴を止めるために院内を動き回る作業を減らせるように、自動化できないかと病院から相談があり開発した。

 ソレノイドが作動する際の音が大きいなどの点で、まだ改良の余地があるものの、看護師不足の日本の病院にとってかなり頼りになる存在になりそう。タカハがこの製品で医療分野に参入するかどうかは、急がず見極めていくという。

地元のニーズに応える手作りコンテスト

 同社は、「地元愛を育むユニークな会社」としても知られる。大学に収益を生み出す産学連携ではないが、自社が抱える在庫を活用し、学生のもの作り研究を活性化させる仕組みを育てているのだ。

 その取り組みとは、2014年から毎年開催しているソレノイドを使った手作り発明品コンテスト『ソレコン』。

タカハの「流体ストッパー」試作品


 作品の応募件数は初年度が22件、第2回が24件、テレビやソーシャルメディアで話題になった後の第3回は52件、第4回となる今年は41件に上った。

 なかでも話題になったのが『フルアルミボディ全自動割りばし割り機』。

 「これさえあれば、コンビニでもらうお箸を割れる」

 握力が衰え割り箸を割れなくなったお年寄りの心をつかんだ作品だ。機械の上から割り箸を吸い込み、割ったら、再び上に押し出す仕組み。この『フルアルミボディ全自動割りばし割り機』がテレビで放送されると、こんな電話がタカハにかかってきた。

 「コンビニでお弁当を買うときに、もらう割り箸を握力がないから自分で割れない。一人暮らしで困ってる。まさかお店の人に割ってくれとも頼めない。タカハさん、それをコンビニに置いてください」

 こうした声が、何人かのお年寄りから寄せられたという。

『フルアルミボディ全自動割りばし割り機』箱の上から割り箸を中に吸いこんで、割って吐き出す装置(動画=)


『イケメンキスマシーン』顔を近づけると唇が飛び出す仕組みのキスロボット(動画=)


 今年のコンテストでは、『イケメンキスマシーン』という顔を近づけるとイケメンがキスをしてくれるロボットが登場。

 作ったのはリケジョだった。目がセンサーになっており、近づくと唇が飛び出してくる。坂口健太郎さんに似せたかったらしいが、顔の造形までは難しかったとのこと。

 ソレコンには毎年、家族での応募も寄せられる。今年は動くお魚ロボットだ。

 水面を浮く魚の形をした板の上に設置したソレノイドが後部の尻尾を左右に振る仕組みで、お魚ロボットは前進する。作品を紹介した動画には、お父さんと子供たちのほのぼのした様子が収められてる。

 九州工業大学の学生グループやリケジョ、家族チームなど、参加者は実に様々。

『ソレノイドで泳ぐラジコン魚ロボット』ソレノイドで尻尾を動かして水面を泳ぐお魚ロボット(動画=)


 「これらの作品は、ばかばかしいようでありながら、気持ちをふわっとさせる魅力があるんです。もの作りにかけた創意と情熱を戦わせるコンテストとして、これからも全国から応募し、毎年開催していきます」と大久保さん。

中学生に人気、相談相手のエンジニア

 ロボットコンテストや教育用の購入に学生割引制度があり、学生とのやり取りも多くなった。中学生に人気がある社員は、技術者のYさん(51歳)だ。

 小学生や中学生からは、相談相手がいる会社だと思われているようで「Yさん、お元気ですか?」「Yさんをお願いします」と、電話がかかってくるという。

 学割の注文をまだファックスでしか受けつけていなかった頃だった。注文をくれた中学生が備考欄に「中学生なので安く買えてうれしいです」と書いたメッセージを、みんなで回覧して喜んでいたこともあった。

 タカハの社員も小・中学生とのやり取りを楽しんでいる。最近はメールを送ってくれるようになって「みなさん、お元気ですか?」と、もの作り仲間のように接してくれる中学生の可愛らしさが何とも言えないそうだ。

 人好きのYさんも電話で、子供たちに「ああ、僕ね、そう言う時はね、電池をこういうふうにしたらいいよ」「おっちゃんやったら、こっちを注文してこういう使い方するよね」と、いろいろと教える。子供たちは、Yさんを友達だと思って電話をしてくるようだ。

社員を見ているお客様から褒められて

 事務作業は、注文を受けたら伝票を発行して出荷手配をかけるという単調な作業ではないだろうか。ネット販売であれば、閲覧しているページを閉じられたら終わりで、お客さんとの接点が途絶えてしまう。

 そのようにイメージしがちだが、接点を作るのは人と人、商品を送るときの心遣い一つで築いていけるようだ。

 タカハでも、ただ黙々淡々と仕事をこなしていた女性社員のNさん(36歳)がいた。おとなしく、自分から周りに話しかけるタイプではなかった。そんなNさんがときどきシャレを言うほど明るくなったのはネット販売を担当してからだったという。

 「3時を過ぎて注文したのに、その日のうちに送ってくれてありがとう」といったお客様の声が彼女を変えた。お客様に郵送する商品に添える注意書などを、シーズンに合わせてハロウィン仕様やクリスマス仕様にカスタマイズした。Nさんの喜びがそこに表現されていた。

 目立たず地味な仕事をコツコツと続ける人を、きちんと見てくれるお客様がいる。そのお客様から、全員が読むメールアドレスに、お褒めのメッセージが届く。そこに“うれしい循環”がある。

 「お客様の声がうれしいから、だんだん社員も調子に乗り始めて『もっと良くしようや』『学割を始めようや』『見積もりフォームを改善しようや』と、褒めてくれるお客さんを思いながらいろいろと考えては実行するようになりました」

 「お客様が褒めてくれるって、母親の気持ちで言えば、『洗濯して干して当たり前』ではなく『お母さんがいるから新しい服を着れるんだ』と言われるのと同じくらいうれしいものなんです」と、当時の社員たちの様子を思い浮かべて自らも母親らしさを見せる大久保さんだ。

地元愛、「無駄な在庫」がもの作り教育に

 製造業にとって「在庫は悪」と言われる。

 「社長が『無駄やけど在庫持とうや。在庫を持ってないとすぐ出せんやろ』と、無駄を覚悟で在庫を持つ経営方針を選んだんです」と大久保さんは言う。当然、製品の中には全く売れないものもあるが、学生に無償で提供すれば、もの作りの研究に役立てられる。

 「遠慮がちにダンボール1箱分くらいもらえれば、『ありがたい』と言いながら、車いっぱいに積んで帰る学生の姿は、微笑ましいですね」と大久保さんの表情も緩む。

 在庫を提供する先の大学は毎年変えることにしているが、中には授業のカリキュラムでソレノイドを使う大学もある。400〜500個を提供した大学では、1年生全員がソレノイドでもの作りをする授業をしたという。

 積極的に海外への事業展開をしながらも、地域の若者の創造性を育んでほしいという地域愛を育むのがタカハの魅力だ。

筆者:柏野 裕美