By Tengrain

開発者の中でプログラミングでインデント(字下げ)を行う時に「タブ」を押すか、「スペース」を使うかが長らく議論されているのですが、Stack Overflowの分析によると、「スペース派」の開発者は「タブ派」の開発者より多くの給料を得ているという結果が出ています。

Developers Who Use Spaces Make More Money Than Those Who Use Tabs - Stack Overflow Blog

https://stackoverflow.blog/2017/06/15/developers-use-spaces-make-money-use-tabs/

Stack Overflowは「プログラミングでタブとスペースのどちらを使っているか?」というアンケートを実施し、2万8657人のプロの開発者から回答を得ました。プロの開発者とは学生や元開発者を含まない現職の開発者を指しています。アンケートの結果、「タブ派」の割合は40.7%、「スペース派」の割合が41.8%となり、「両方使う派」の割合が17.5%であることがわかりました。長らく続けられている「タブvsスペース戦争」の勢力はほとんど同じくらいの割合となっていますが、回答者のうち1万2426人は自分の給与を回答しており、なんと「スペース派」の方が「タブ派」より高給取りであることが判明したわけです。

それぞれの給与の中央値はスペース派が5万9140ドル(約655万円)で、タブ派の給与の中央値は4万3750ドル(約485万円)となっており、約170万円の開きが存在しています。



国ごとの傾向をグラフ化するとこんな感じ。ドイツやイギリスなどのヨーロッパ諸国ではタブ・スペース・両方の差が小さく、インドではスペースを使う開発者が顕著に高い給与を得ているのがわかります。Stack Overflow Blogによると、国ごとに傾向が異なるため、複雑な要因を考慮した統計学者などによる高度な分析では違った結果が出ることも予想されるとのこと。今回の分析に限っては、タブの代わりにスペースを使用すると、給与が8.6%高くなることになります。



ちなみに、タブ派とスペース派の開発者がそろうとどんなことになってしまうのかは、IT系ドラマ「シリコンバレー」でも描かれたことがあり、以下のムービーからその様子を見ることができます。

Tabs versus Spaces - YouTube

Silicon Valley Season 3, Ep. 6: Hissy Fit (HBO) - YouTube